Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

肘部管症候群

(尺骨神経障害)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD,

  • Professor, Department of Orthopaedic Surgery, and Director, Hand and Upper Extremity Fellowship
  • Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月
本ページのリソース

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

肘部管症候群は,肘関節における尺骨神経の圧迫または牽引である。症状としては,肘関節痛および尺骨神経の分布領域における錯感覚などがある。症状および徴候ならびにときに神経伝導検査によって本症が示唆される。治療法としては,副子固定のほか,ときに外科的な圧迫解除などがある。

肘関節またはまれに手関節において,尺骨神経がよく刺激を受ける。肘部管症候群は,肘関節に体重をかけるか,または長期および過度の肘関節の屈曲によって生じることが最も多い。手根管症候群よりも頻度は低い。肘関節内側の靱帯を損傷することがある野球の投球(特にスライダー)がリスクをもたらす。

症状と徴候

肘部管症候群の症状としては,尺骨神経の分布に沿ったしびれおよび錯感覚(環指および小指ならびに手の尺側面において)や肘関節痛などがある。進行期には,手の内在筋ならびに環指および小指の屈筋の筋力低下が発生することがある。筋力低下は,母指と示指でつまむ動作および手の把握動作を障害する。慢性の肘部管症候群患者は鷲手を呈することがある。鷲手とは,手の内在筋と外在筋の不均衡によって生じる,小指および環指の中手指節関節伸展および指節間関節屈曲である。

診断

  • 臨床的評価

  • ときに神経伝導検査

肘部管症候群の診断は臨床的に可能なことが多い。しかし,臨床診断が不確かで手術を考慮している場合は,神経伝導検査を行う。肘部管症候群は,手の尺側背側に感覚障害がみられること,筋力テストまたは神経伝導速度検査で手関節より近位に尺骨神経障害がみられること,および尺側神経を肘部管の位置で軽く叩くと手の尺側の錯感覚が誘発されること(ティネル徴候陽性)によって,手関節(Guyon管内)における尺骨神経の絞扼と鑑別する。

治療

  • 副子固定

  • ときに外科的な圧迫解除

肘部管症候群の治療としては,肘関節を45°に伸展した肢位での夜間の副子固定,および日中の肘関節パッドを使用する。保存的治療が無効な場合,外科的な圧迫解除が有用なことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP