Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

指の屈筋腱炎および屈筋腱腱鞘滑膜炎(弾発指)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

指の屈筋腱炎および屈筋腱腱鞘滑膜炎は指の腱および腱鞘の炎症であり,ときに続発する線維化を伴う。

これらの病態は特発性であるが,関節リウマチまたは糖尿病の患者で一般的である。手を繰り返し使うこと(重い園芸用ばさみを使う場合など)が一因となる可能性がある。糖尿病ではしばしば手根管症候群およびときに手掌腱膜の線維化と併存する。病的変化は腱内部の肥厚または小結節から始まる;狭い最近位の輪状の滑車の部位にある場合,肥厚または小結節が手指の滑らかな伸展または屈曲を妨げる。指が屈曲位で動かなくなり,パチンという音を立てて突然伸展する(ばね指)。

治療

  • 保存的治療

  • ときにコルチコステロイド注射

  • ときに外科手術

急性炎症および疼痛の治療には,副子固定,湿性温熱,抗炎症用量のNSAIDなどがある。

これらの治療法が無効な場合,副子固定とともに屈筋腱の腱鞘にコルチコステロイド懸濁液を注射することにより,痛みおよび弾発現象が安全かつ迅速に軽減することがある。コルチコステロイド療法が無効な場合,手術的に解放することがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP