Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

手掌の膿瘍

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

手掌の膿瘍は,手掌における深部腔の化膿性感染症であり,一般的にはブドウ球菌またはレンサ球菌による。

手掌の膿瘍には,カラーボタン様の膿瘍(2本の指の指間部から生じる),母指腔の膿瘍,および手掌中央腔の膿瘍などがある。膿瘍は手掌の深部コンパートメントのいずれにも発生することがあり,手掌中央腔から背側に向かって中手骨の間に広がり,手の背側の感染として発症する。腫脹および触診での重度の圧痛を伴う,強い拍動痛が生じる。隠れた異物を検出するためにX線撮影を行うべきである。

多くの重要な解剖学的構造を避けるよう注意して行う手術室での切開排膿(および培養),ならびに抗菌薬(例,セファロスポリン系薬剤)が必要である。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(MRSA)が蔓延している地域では,セファロスポリン系薬剤の代わりに,トリメトプリム/スルファメトキサゾール,クリンダマイシン,ドキシサイクリン,またはリネゾリドを用いるべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP