Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

手の変形性関節症

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月
本ページのリソース

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

変形性関節症では手の病変が極めてよくみられる。

手を侵す変形性関節症には,近位指節間関節(ブシャール結節)もしくは遠位指節間関節(ヘバーデン結節)における小結節の無症状の腫大,またはそれらの関節の屈曲などがある。それらの関節および母指基部の痛みおよびこわばりもよくみられる。手関節は通常侵されず(既存の外傷がない限り),患者が代謝性疾患(例,ヘモクロマトーシス)にも罹患していない限り,通常は中手指節関節の病変はごくわずかであるかまたはない。変形性関節症における手の変化と関節リウマチにおける手の変化との鑑別については, 関節疾患患者の評価を参照のこと。

治療

  • 保存的治療

  • ときにコルチコステロイド注射または手術

手の変形性関節症の治療は,鎮痛薬,適切な安静,副子固定,およびときに必要に応じたコルチコステロイド注射による対症療法による。

外科的手技は,母指基部の重度の変化および頻度は低いが進行した指節間関節の変性に対して,痛みを緩和し変形を矯正するのに有用なことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP