Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎は,屈筋腱腱鞘内の急性感染症である。診断はKanavel徴候により示唆され,X線により確定する。治療は外科的ドレナージおよび抗菌薬投与による。

屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎における通常の原因は,腱鞘の穿通および細菌の播種である。

診断

  • Kanavel徴候

  • X線

  • 排膿または外科的に採取した検体の培養

屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎はKanavel徴候を引き起こす:

  • 安静位の指の屈曲

  • 紡錘状の腫脹

  • 屈筋腱腱鞘に沿った圧痛

  • 指の他動的伸展に伴う痛み

隠れた異物を検出するためにX線撮影を行うべきである。急性の石灰沈着性腱炎およびRAは動きを制限し腱鞘に痛みを引き起こすことがあるが,より緩徐な発症およびKanavel徴候の一部が欠けていることによって通常は屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎と鑑別できる。播種性淋菌感染症は腱鞘滑膜炎を引き起こすことがあるが,複数の関節を侵すことが多く(特に手関節,手指,足関節,および足趾の関節),患者には最近の発熱,発疹,多発性関節痛があることが多く,しばしば性感染症に対する危険因子を有する。腱鞘の感染症には非定型抗酸菌が関与することがあるが,そのような感染症は通常,進行が緩徐で慢性となる。

治療

  • 外科的排膿および抗菌薬

屈筋腱の感染性の腱鞘滑膜炎の治療は外科的排膿による(例,カニューレを片側の端から挿入し,灌流液が腱鞘に沿ってもう一方の端まで流れるようにして,腱鞘を灌流する)。抗菌薬療法(経験的にセファロスポリン系薬剤で開始)および培養も必要となる。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(MRSA)が蔓延している地域では,セファロスポリン系薬剤の代わりに,トリメトプリム/スルファメトキサゾール,クリンダマイシン,ドキシサイクリン,またはリネゾリドを用いるべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP