Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

ひょう疽

執筆者:

David R. Steinberg

, MD,

  • Professor, Department of Orthopaedic Surgery, and Director, Hand and Upper Extremity Fellowship
  • Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

ひょう疽は指先の指腹腔の感染症であり,通常はブドウ球菌およびレンサ球菌による。

最も一般的な部位は末端の指腹部であり,その中心,側方,または先端部が侵される。通常,指腹腔の間の隔壁が感染の拡がりを制限し,その結果膿瘍が生じ,それにより隣接組織の圧迫および壊死が生じる。その下の骨,関節,または屈筋腱が感染することがある。強い拍動痛があり,指腹に腫脹,熱感,激しい圧痛がみられる。

ひょう疽の治療としては,迅速な切開排膿(線維性隔壁を十分に切る正側方切開を用いる)および経口の抗菌薬療法を行う。セファロスポリン系薬剤による経験的治療で十分である。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(MRSA)が蔓延している地域では,セファロスポリン系薬剤の代わりに,トリメトプリム/スルファメトキサゾール,クリンダマイシン,ドキシサイクリン,またはリネゾリドを用いるべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP