Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

レフレル症候群

執筆者:

Joyce Lee

, MD, MAS, University of Colorado Denver

最終査読/改訂年月 2016年 4月

レフレル症候群は,好酸球性肺疾患の一病型であり,あっても軽度の呼吸器症状(乾性咳嗽が最も多い),移動する一過性の肺陰影,および末梢血好酸球増多を特徴とする。

寄生虫感染,特にヒト回虫(Ascaris lumbricoides)が原因のこともあるが,患者の最大3分の1では病原体が同定できない。

この疾患は通常1カ月以内に消退する。

治療は対症療法であり,コルチコステロイドによる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP