Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

小児における閉塞性睡眠時無呼吸症候群

執筆者:

Kingman P. Strohl

, MD, Case School of Medicine, Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2019年 2月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)は,睡眠時に生じ呼吸停止を引き起こす部分的または完全な上気道閉塞エピソードである。症状としては,いびき,ときに疲れの取れない睡眠,夜間の発汗,朝の頭痛などがある。OSAの合併症として,学習または行動障害,成長障害,肺性心,および肺高血圧症などがありうる。診断は睡眠ポリグラフ検査による。治療は通常アデノイド口蓋扁桃摘出による。

小児における閉塞性睡眠時無呼吸症候群の有病率は約2%である。この疾患は十分に診断が行われておらず,重篤な続発症に至ることがある。

病因

小児における閉塞性睡眠時無呼吸症候群の危険因子には以下が挙げられる:

症状と徴候

ほとんどの患児において,親がいびきに気づく;しかしながら,重症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群でもいびきが報告されないこともある。その他の睡眠症状としては,疲れの取れない睡眠,夜間の発汗,観察される無呼吸などがありうる。夜尿 夜間尿失禁 尿失禁は,日中または夜間の意図しない排尿が月2回以上の頻度で発生する場合と定義される。失禁の時間帯について用語の変更が提唱されている(International Incontinence Societyのウェブサイトを参照): 日中の尿失禁:昼間尿失禁(diurnal incontinence)(または昼間の尿漏れ[diurnal... さらに読む がみられることもある。日中の徴候と症状としては,鼻閉,口呼吸,朝の頭痛,集中力障害などがありうる。日中の過度の眠気はOSAの成人 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)は,睡眠時に生じ呼吸停止(10秒を超える無呼吸または低呼吸と定義される)を引き起こす部分的または完全な上気道閉塞エピソードから成る。症状としては,日中の過度の眠気,不穏状態,いびき,反復性覚醒,起床時の頭痛などがある。診断は睡眠歴および睡眠ポリグラフ検査に基づく。治療は,持続陽圧呼吸療法(CPAP),口腔内装置,および難治例では手術による。治療を行えば予後は良好である。ほとんどの症例は未診断かつ未治療の... さらに読む に比べると頻度が低い。

検査では異常が判明しないこともあれば,閉塞に寄与する顔面,鼻,または口腔の解剖学的異常,II音の肺動脈成分の亢進,または成長障害などが明らかになることもある。

診断

  • 睡眠ポリグラフ検査にオキシメトリーおよび呼気終末二酸化炭素モニタリングを併用する

いびきまたは危険因子のある小児では閉塞性睡眠時無呼吸症候群が考慮される。OSAの症状がみられれば,睡眠検査室で,オキシメトリーおよび呼気終末二酸化炭素モニタリングを含む終夜睡眠ポリグラフ検査 米国では半数近い人々が睡眠に関連する問題を有している。睡眠の障害は,情動障害,記憶困難,運動技能の低下,作業効率の低下,および交通事故のリスク増加につながる可能性がある。また,心血管疾患および死亡の一因になることさえある。 (睡眠時無呼吸症候群および小児における睡眠障害も参照のこと。)... さらに読む を用いて診断検査を行う。家庭用睡眠ポリグラフは評価中である。

睡眠ポリグラフ検査は閉塞性睡眠時無呼吸症候群の診断確定に役立つが,診断には,児に睡眠ポリグラフ検査の異常を説明しうる心または肺疾患がないことも必要である。睡眠ポリグラフ検査中における睡眠段階と体位の影響の分析は,上気道閉塞の関与を示すのに役立つ可能性がある。このため,睡眠ポリグラフ検査の結果は初期治療の決定(例,自動調整機能付きのCPAP装置,口腔内装具,外科的器具)に役立つ可能性がある。

臨床判断に基づき,その他の検査によりOSA患者を評価する。その他の検査には,心電図,胸部X線,動脈血ガス測定,および上気道の画像検査などがある。

治療

  • アデノイド口蓋扁桃摘出または先天性小顎症の矯正

  • ときにCPAPおよび/または減量

アデノイド口蓋扁桃摘出は通常,扁桃腺肥大および/またはアデノイド以外は健康な閉塞性睡眠時無呼吸症候群の小児に効果的である。アデノイド切除のみではしばしば効果が不十分である。アデノイド口蓋扁桃摘出を受ける小児のうち,OSAの小児では非OSAの小児と比べ,周術期の気道閉塞リスクが高い;そのため綿密なモニタリングが重要である。

他の疾患がある小児,呼吸調節を変更する複雑な解剖学的異常もしくは遺伝性疾患がある小児,または心肺合併症がある小児は,小児のOSA管理に精通した医師へのコンサルテーションを行うべきである。アデノイド口蓋扁桃摘出が効果的な場合もあれば,いくぶん症状を軽減するにとどまる場合もある。OSAの原因となっている解剖学的異常に応じて,別の外科的手技が適応となることもある(例,口蓋垂軟口蓋咽頭形成術 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)は,睡眠時に生じ呼吸停止(10秒を超える無呼吸または低呼吸と定義される)を引き起こす部分的または完全な上気道閉塞エピソードから成る。症状としては,日中の過度の眠気,不穏状態,いびき,反復性覚醒,起床時の頭痛などがある。診断は睡眠歴および睡眠ポリグラフ検査に基づく。治療は,持続陽圧呼吸療法(CPAP),口腔内装置,および難治例では手術による。治療を行えば予後は良好である。ほとんどの症例は未診断かつ未治療の... さらに読む ,舌または顔面中央部の手術)。

持続陽圧呼吸療法(CPAP)は,矯正手術の適応がない場合,またはアデノイド口蓋扁桃摘出後もOSAが続く場合に用いられることがある。

肥満児では減量によりOSAの重症度を下げることができ,その他の健康上の便益があるが,単独療法としてOSAに対する十分な治療となることはまれである。

夜間の酸素投与は,根治的な治療が完了するまでの低酸素血症の予防に役立つ可能性がある。

コルチコステロイドおよび抗菌薬は通常適応とならない。

要点

  • 小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の危険因子には,肥満,扁桃肥大またはアデノイド,解剖学的異常(頭蓋顔面異常など),遺伝学的異常,薬剤,および筋緊張亢進または筋緊張低下を起こす疾患などがある。

  • 学習および行動障害は深刻な合併症と成りうる。

  • 小児OSAの診断は,養育者が確認した症状および睡眠ポリグラフ検査の結果に基づいて行う。

  • 閉塞の解剖学的原因を矯正する(例,アデノイド口蓋扁桃摘出または小顎症の矯正)。

  • 手術の適応がない,または手術が完全に効果的でない場合は持続陽圧呼吸療法かつ/または減量を考慮する。

より詳細な情報

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP