Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

胸部理学療法

執筆者:

Jessica Bon Field

, MD, MS, University of Pittsburgh School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 3月

胸部理学療法は,体外から物理的な力を加えて気道分泌物の移動および除去を促進する手技であり,胸部叩打法,体位ドレナージ,振動法などがある。濃厚,粘稠,大量,または被包化した分泌物を除去するのに,咳嗽では不十分な患者に対して適応となる。例としては以下の疾患を有する患者があげられる:

胸部理学療法を支持する強力なエビデンスを示した質の高い臨床試験は比較的少ないものの,胸部理学療法が嚢胞性線維症患者におけるケアの重要な要素の1つであることに変わりはない。

禁忌

胸部理学療法の禁忌事項は全て相対的であり,以下のものが含まれる:

  • 体位または手技による不快感

  • 抗凝固療法

  • 肋骨骨折

  • 脊椎骨折または骨粗鬆症

  • 最近の喀血

手技

胸部理学療法は呼吸療法士によって実施される場合もあるが,その手技を患者の家族に教えることもしばしばある。

最も一般的に用いられる方法は以下のものである:

  • 体位ドレナージおよび胸部叩打法

体位ドレナージおよび胸部叩打法では,特定の肺葉または区域からの分泌物の排出を容易にするために患者の体を回転させ,同時に手をくぼめて叩くことで貯留分泌物の付着を緩め移動させて,喀出または排出を促す。この手技は,患者にとってやや不快で疲れるものである。手で胸部を叩打するかわりの手法として,機械による振動および加圧ベスト(inflatable vest)などがある。

その他の気道クリアランスの方法として,呼吸パターンのコントロール,気道開通性維持のための呼気陽圧装置,および痰を移動させるための超低周波気道振動装置などがある。気道クリアランスの方法はいずれも同等であり,個々の患者の必要性および好みに基づいて方法を選択すべきである。

合併症

合併症はまれであるが,体位に関連する低酸素症および遊離した分泌物が肺の他領域に入ることなどがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します

本章の目次

よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP