Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

表在静脈血栓症

執筆者:

James D. Douketis

, MD, McMaster University

最終査読/改訂年月 2018年 3月

表在静脈血栓症は,上肢もしくは下肢の表在静脈,または比較的まれであるが胸部もしくは乳房の単一ないし複数の静脈(モンドール病)で血栓が形成される病態である。

上肢の表在静脈血栓症は,最も一般的には点滴静注やカテーテル留置の結果として発生し,下肢では静脈瘤が主な危険因子とみられている(特に女性)。表在静脈の血栓が重篤な合併症を引き起こすことはまれであり,また塞栓症につながることもまれである。

典型的には,患者は触知可能な表在静脈に沿って生じる疼痛,圧痛,または硬化した索条を訴えて受診する。患部を覆う皮膚は通常温かく,紅斑を認める。

腕,下肢,および体幹の正常な静脈に様々な時点で発生,消失,再発する遊走性の表在静脈血栓症は,膵癌およびその他の腺癌の前兆である可能性がある(Trousseau症候群)。

診断は病歴と身体診察に基づく。表在静脈血栓症が膝より上で生じた患者は,深部静脈血栓症のリスクが高いことから,おそらく超音波検査を施行すべきである。

治療

  • 温罨法とNSAID

  • ときに抗凝固療法

治療には慣習的に温罨法とNSAIDが用いられる。

広範な表在性静脈炎を呈する患者では,抗凝固薬(例,低分子ヘパリン,フォンダパリヌクス)がしばしば有益となる。至適レジメンおよび期間は不明であるが,低分子ヘパリン(例,エノキサパリン40mgを1日1回,またはフォンダパリヌクス2.5mgを1日1回)を用い約1カ月間治療することを専門家の大半が推奨している。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP