Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

下肢静脈瘤

執筆者:

James D. Douketis

, MD, McMaster University

最終査読/改訂年月 2018年 3月
本ページのリソース

下肢静脈瘤(varicose vein)は,下肢の表在静脈が拡張した病変である。通常,原因は明らかでない。下肢静脈瘤は典型的には無症状であるが,下肢に緊満感,圧迫感,疼痛,または知覚過敏が生じることがある。診断は身体診察による。治療法としては,圧迫,創傷ケア,硬化療法,手術などが考えられる。

下肢静脈瘤は単独で発生することもあれば,慢性静脈不全症とともに発生することもある。

病因

病因は通常不明であるが,下肢静脈瘤は逆流を伴う一次性の静脈弁機能不全によって,あるいは構造的脆弱性に起因する一次性の静脈壁の拡張によって発生することがある。一部の患者では,慢性静脈不全症と静脈高血圧によって下肢静脈瘤が起こる。ほとんどの患者では明らかな危険因子が認められない。下肢静脈瘤は家族内でよくみられることから,遺伝的要素が示唆される。下肢静脈瘤は女性でより多くみられるが,その理由は エストロゲンが静脈構造に影響を及ぼすこと,妊娠が骨盤および下肢の静脈圧を上昇させること,またはその両方である。まれに,下肢静脈瘤はKlippel-Trenaunay-Weber症候群の部分症として発生するが,この症候群では先天性の動静脈瘻とびまん性の皮膚毛細血管腫もみられる。

症状と徴候

下肢静脈瘤は,当初は緊張して触知可能なこともあるが,必ずしも視認できない。その後,進行性に拡大して隆起し,明らかとなる;下肢に緊満感,疲労感,圧迫感,および表層部の疼痛または知覚過敏を引き起こすことがある。下肢静脈瘤は立位で最もよく視認できる。

理由は明らかでないが,うっ滞性皮膚炎および静脈うっ滞性潰瘍はまれである。皮膚の変化(例,硬結,色素沈着,湿疹)が生じる場合,典型的には内果部が侵される。患部への軽微な外傷後に潰瘍が形成されることがあり,その潰瘍は通常,小さく表在性で疼痛を伴う。

下肢静脈瘤はときに血栓形成につながり,疼痛を引き起こす。表在静脈瘤では皮膚に薄い静脈の水疱が形成されることがあり,軽微な外傷後に破裂して出血することがある。非常にまれであるが,このような出血が睡眠中に発見されない場合,致死的となる。

パール&ピットフォール

  • 下肢静脈瘤がうっ滞性皮膚炎またはうっ滞性潰瘍につながることはまれであるが,患部の軽微な外傷後に潰瘍が形成されることがある。

診断

  • 臨床的評価

  • ときにドプラ超音波検査

診断は通常,身体診察で明白となる。機能不全を起こした伏在静脈の弁における逆流を同定する方法としては,もはやトレンデレンブルグ試験(大腿部の駆血帯を解除する前後で静脈の充満を比較する)は一般的には用いられていない。

Duplex法による超音波検査が精度の高い検査であるが,ルーチンに必要かどうかは明らかでない。

治療

  • 圧迫ストッキング

  • ときに低侵襲治療(例,硬化療法)または手術

治療は症状の軽減,下肢の外観の改善,および症例によっては合併症の予防を目的とする。治療法としては,圧迫ストッキングの着用や必要に応じた局所の創傷ケアなどがある。

低侵襲治療(硬化療法など)および外科手術は,静脈瘤血栓症の再発予防および皮膚の変化に対して適応され,また審美上の理由でもよく用いられる。

硬化療法は,刺激性薬剤(例,テトラデシル硫酸ナトリウム)を用いて血栓性静脈炎の反応を誘導し,これにより線維化を引き起こして静脈を閉塞させるが,多くの下肢静脈瘤は再疎通する。手術では,大伏在静脈およびときに小伏在静脈の結紮または静脈抜去(ストリッピング)を行う。これらの手技により短期的には顕著な症状軽減が得られるが,長期的な効力は高くない(すなわち,しばしば下肢静脈瘤が再発する)。

レーザーによる熱焼灼あるいは高周波アブレーションは,下肢静脈瘤に対する別の低侵襲治療である。

治療法にかかわらず,新たな下肢静脈瘤が発生してくるため,際限なく治療を繰り返さなければならない場合も多い。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP