Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

大動脈分枝の動脈瘤

執筆者:

Mark A. Farber

, MD, FACS, University of North Carolina;


Thaniyyah S. Ahmad

, MD, MPH, University of North Carolina

最終査読/改訂年月 2019年 5月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

動脈瘤は主要な大動脈分枝のいずれにも発生するが,腹部または胸部大動脈瘤と比較すると,そのような動脈瘤の頻度はかなり低い。症状は部位および罹患冠動脈により様々であるが,動脈瘤が隣接組織を圧迫している領域の疼痛などがみられる。診断は超音波検査またはCT血管造影により行う。治療は血管内ステントグラフト内挿術または外科手術である。

大動脈瘤の概要 大動脈瘤の概要 動脈瘤とは,動脈壁の脆弱化により動脈が異常に拡張した状態である。一般的な原因としては,高血圧,動脈硬化,感染,外傷,遺伝性または後天性の結合組織疾患(例,マルファン症候群,エーラス-ダンロス症候群)などがある。動脈瘤は通常無症状であるが,疼痛を引き起こしたり,虚血,血栓塞栓症,自然解離,破裂を来して致死的となることもある。診断は画像検査(... さらに読む 大動脈瘤の概要 腹部大動脈瘤 腹部大動脈瘤 (AAA) 典型的には,腹部大動脈の直径が3cm以上になった場合に腹部大動脈瘤とみなされる。原因は多因子から成るが,動脈硬化が関係している場合が多い。ほとんどの動脈瘤は症状を引き起こすことなく徐々に(およそ年10%のペース)大きくなり,大半が偶然発見される。破裂のリスクは動脈瘤の大きさに比例する。診断は超音波検査またはCTにより行う。治療は外科手術または血管内ステントグラフト内挿術による。... さらに読む 腹部大動脈瘤 (AAA) ,および 胸部大動脈瘤 胸部大動脈瘤 胸部大動脈の径が正常より50%以上大きい場合,動脈瘤とみなされる(径の正常値は部位により異なる)。ほとんどの胸部大動脈瘤は無症状であるが,胸痛または背部痛がみられる場合もあるほか,その他の症候は通常,合併症(例,解離,隣接構造の圧迫,血栓塞栓症,破裂)の結果として生じたものである。破裂のリスクは動脈瘤の大きさに比例する。診断はCT血管造影または経食道心エコー検査(TEE)により行う。治療は血管内ステントグラフト内挿術または外科手術である... さらに読む 胸部大動脈瘤 も参照のこと。)

内臓循環の動脈での動脈瘤の発生はまれである。約60%は脾動脈,20%は肝動脈,5.5%は上腸間膜動脈で発生する。

脾動脈瘤の発生率は男性より女性で高い(1:4)。原因としては,中膜の 線維筋性異形成 線維筋性異形成 線維筋性異形成には,動脈硬化でも炎症性でもない一群の異質な動脈変化が含まれ,いくらかの血管狭窄,閉塞,または動脈瘤を引き起こす。 線維筋性異形成は通常,40~60歳の女性に発生する。原因は不明である。しかしながら,遺伝的要素があると考えられ,喫煙が危険因子である可能性がある。線維筋性異形成は,特定の結合組織疾患(例, エーラス-ダンロス症候群IV型,嚢胞性中膜壊死, 遺伝性腎炎,... さらに読む 線維筋性異形成 門脈圧亢進 門脈圧亢進症 門脈圧亢進症とは,門脈内の圧力が上昇した状態である。原因として最も頻度が高いものは,肝硬変(先進国),住血吸虫症(流行地域),および肝血管異常である。続発症として,食道静脈瘤や門脈大循環性脳症などが生じる。診断は臨床基準に基づいて行い,しばしば画像検査や内視鏡検査を併用する。治療としては,内視鏡検査,薬剤,またはその両方による消化管出血の予防のほか,ときに門脈下大静脈吻合術または肝移植を行う。... さらに読む ,多胎妊娠,穿通性または鈍的腹部外傷, 膵炎 膵炎の概要 膵炎は急性または慢性のいずれかに分類される。 急性膵炎では,炎症が臨床的および組織学的のいずれにおいても消失する。 慢性膵炎は,不可逆的かつ進行性の組織学的変化を特徴とし,膵内外分泌機能に大幅な低下を来す。慢性膵炎患者は,急性疾患の急性増悪(flare-up)を起こすことがある。... さらに読む ,感染症などがある。

肝動脈瘤の発生率は女性より男性で高い(1:2)。肝動脈瘤は過去の腹部外傷,違法静注薬物の使用,動脈壁の中膜変性,動脈周囲の炎症などが原因で生じる。

上腸間膜動脈瘤は男性と女性で等しく発生する。原因としては,線維筋性異形成,嚢胞性中膜壊死,外傷などがある。

症状と徴候

大動脈分枝の動脈瘤の多くは無症状である。症状(発生した場合)は病変が生じた部位や動脈によって異なる。

鎖骨下動脈瘤では,局所的な疼痛,拍動感,静脈血栓症,静脈性浮腫(隣接する静脈の圧迫による),遠位部の虚血症状,一過性脳虚血発作,脳卒中,嗄声(反回神経の圧迫による)または運動および感覚機能障害(腕神経叢の圧迫による)などが生じる。

脾動脈瘤では,左上腹部痛が生じることがある。肝動脈瘤では,右上腹部痛や黄疸が生じることがある。上腸間膜動脈瘤では,腹部全体に及ぶ腹痛や虚血性大腸炎が生じることがある。

発生部位に関係なく,感染性または炎症性動脈瘤は局所の疼痛と全身性感染の後遺症(例,発熱,倦怠感,体重減少)を引き起こす可能性がある。

診断

  • 超音波検査,CT,その他の水平断の断層画像検査

水平断の断層画像検査がルーチンに施行できるようになり,現在では多くの動脈瘤が破裂前に診断されている。石灰化した無症状ないし潜在性の動脈瘤が,別の理由で施行されたX線またはその他の画像検査で発見されることがある。大動脈分枝の動脈瘤の検出または確定診断には,一般的に超音波検査またはCTが用いられる。血管造影は,典型的には治療もしくは末梢臓器の灌流評価にのみ用いられる。

治療

  • 開胸/開腹下の修復またはときに血管内ステントグラフト内挿術

治療は外科的切除とグラフトによる置換である。一部の患者では血管内修復術も選択肢の1つとなる。無症状の動脈瘤を修復するかどうかの決定は,破裂のリスク,動脈瘤の範囲および部位,ならびに周術期のリスクに基づいて判断する。

鎖骨下動脈瘤の手術では,修復および置換に先立って頸肋(存在する場合)を除去することがある。

内臓動脈瘤では,破裂および死亡のリスクが10%にものぼり,特に妊娠可能年齢の女性と肝動脈瘤の患者ではさらに高くなる(35%を超える)。したがって,以下の場合は待機手術による内臓動脈瘤の修復の適応となる:

  • 直径が2cmよりも大きい動脈瘤

  • 妊婦または妊娠可能年齢の女性に生じた動脈瘤

  • 年齢に関係なく症状を伴う動脈瘤

  • 肝動脈瘤

脾動脈瘤の修復は,動脈再建を伴わない結紮か,動脈瘤の切除と血管再建で構成される。動脈瘤の位置によっては,脾臓摘出が必要となることがある。

感染性動脈瘤の治療は,特定の病原体に対する積極的な抗菌薬療法である。一般に,この種の動脈瘤には外科的な修復も必要になる。

要点

  • 大動脈分枝の動脈瘤は,腹部または胸部大動脈瘤よりもまれである。

  • 偶然発見されるものが多く,しばしば無症状である。

  • 症状が発生した場合,症状は病変が生じた部位や動脈によって異なる。

  • 最初はX線で偶然認められた所見から疑われる場合が多いが,確定診断には超音波検査およびCTを用いる。

  • 治療は待機手術による修復のほか,感染性動脈瘤の症例では抗菌薬による。

  • 待機手術の適応は一般に,破裂のリスク,動脈瘤の範囲および部位,ならびに周術期のリスクに基づいて決まる。内臓動脈瘤を有する妊婦または妊娠可能年齢の女性は,破裂のリスクが高いため,待機手術を行うべきである。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP