Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

スポーツ心臓

執筆者:

Robert S. McKelvie

, MD, PhD, Western University

最終査読/改訂年月 2019年 2月
本ページのリソース

スポーツ心臓(athlete’s heart)とは,ほぼ毎日1時間以上トレーニングを行う個人の心臓に生じる一群の構造的および機能的変化である。それらの変化は症状を引き起こさず,徴候として徐脈,収縮期雑音,過剰心音などがみられる。心電図異常がよくみられる。診断は臨床所見または心エコー検査による。治療の必要はない。スポーツ心臓は,重篤な心疾患との鑑別が必要であることから重要である。

激しい持久力および筋力トレーニングを長期にわたり続けると,数多くの生理学的適応が生じる。左室の容量負荷および圧負荷が増大するため,左室の心筋重量,壁厚,および内腔の大きさが時間とともに増大していく。最大一回拍出量および心拍出量が増加し,安静時心拍数の低下と拡張期充満時間の延長につながる。心拍数の低下は主に迷走神経の緊張に起因するが,交感神経緊張の低下や自律神経系以外で内因性の洞結節活性を低下させる他の因子も一端を担っている可能性がある。徐脈により心筋の酸素需要量が減少すると同時に,総ヘモグロビン量と血液量が増大することにより,酸素運搬量が増加する。以上のような変化が生じるものの,収縮機能と拡張機能は正常で維持される。年齢,体格,およびトレーニング量が同じ条件であれば,典型的には男性より女性の方が構造的変化が小さい。

症状と徴候

症状は特にない。徴候は様々であるが,徐脈;左室拍動の側方偏位,拡大,および振幅増大;胸骨左縁下部の収縮期駆出性雑音(血流雑音);拡張期心室充満が早期かつ急速であることによって生じるIII音(S3);拡張期充満時間が延長するために安静時の徐脈時に最もよく聴取されるIV音(S4);血行動態の亢進による頸動脈拍動などがみられる。これらの徴候は,激しい運動に適応するための心臓の構造的変化を反映したものである。

診断

  • 臨床的評価

  • 通常は心電図検査

  • ときに心エコー検査

  • まれに負荷試験

典型的には,ルーチンのスクリーニング検査や無関係の症状に対する評価の過程で所見が検出される。ほとんどのアスリートには広範な検査は必要ないが,しばしば心電図検査が必要になる。症状から心疾患が示唆される場合(例,動悸,胸痛),心電図検査,心エコー検査,および運動負荷試験を施行する。

心電図検査

調律や心電図波形には多くの変化が発生する可能性があり,これらとトレーニング強度や心血管系機能との相関性は乏しい。最も頻度の高い心電図所見は以下のものである:

  • 洞徐脈

まれに心拍数が40/分未満となる。心拍数低下と同時に,しばしば洞性不整脈がみられる。安静時徐脈は以下の素因となる可能性もある:

  • 心房または心室期外収縮(2連発および群発性の非持続性心室頻拍を含む);期外収縮後の休止期は4秒間を超えない

  • 上室性の移動性ペースメーカー

その他に起こりうる心電図所見としては以下のものがある:

  • 第1度房室ブロック(アスリートの最大3分の1)

  • 第2度房室ブロック(主にI型);この所見は安静時に発生し,運動中は消失する

  • 下側壁外誘導側でのT波変化を伴うQRS増高(左室肥大を反映する)

  • 前側壁の深いT波逆転

  • 不完全右脚ブロック

これらの心電図変化や調律変化は,臨床的な有害事象と関連していないことから,様々な不整脈はアスリートでは異常ではないことが示唆される。不整脈は相対的に短期間のデコンディショニング後に通常は消失または大きく軽減する。

心エコー検査

  • 男性では,13~15mm

  • 女性では,11~13mm

この重複範囲で僧帽弁の収縮期前方運動を認める場合は,肥大型心筋症 肥大型心筋症 肥大型心筋症は,拡張機能障害を伴うが後負荷の増大(例,大動脈弁狭窄,大動脈縮窄,全身性高血圧などによるもの)を伴わない著明な心室肥大を特徴とする先天性または後天性の疾患である。症状としては,呼吸困難,胸痛,失神などがあり,突然死を来すこともある。閉塞性肥大型心筋症では,典型的には収縮期雑音が聴取され,バルサルバ手技により増強する。診断は心... さらに読む 肥大型心筋症 が強く示唆される。また拡張期指標も心筋症では異常値を示すことがあるが,スポーツ心臓では通常は正常である。一般に,心エコー検査での変化は,トレーニング強度や心血管系機能との相関性に乏しい。わずかな僧帽弁逆流および三尖弁逆流がよく検出される。注意すべき点として,スポーツ心臓の患者では身体トレーニングの軽減により心拡大が退縮するが,心筋症患者では退縮しない。

負荷試験

  • 収縮期血圧は上昇する

  • 拡張期血圧は低下する

  • 平均血圧は比較的一定に保たれる

安静時の心電図変化の多くが運動中は減少または消失する;この所見はスポーツ心臓に特有のものであり,病的な状態との鑑別につながる。しかしながら,T波逆転の偽正常化は心筋虚血を反映している可能性があるため,高齢アスリートではさらなる検査が必要である。一方,運動負荷試験が正常でも心筋症を除外することはできない。

icon

予後

肉眼的な構造変化は一部の心疾患に類似するが,有害な影響は一見してみられない。ほとんどの場合,脱トレーニングにより構造変化と徐脈は消失するが,エリートアスリートの最大20%では心腔拡大が残存することから,長期データのない現状では,スポーツ心臓が真に良性の状態であるか否かについては疑問が呈されている。

治療

  • ときに,左室肥大の退縮をモニタリングするためのデコンディショニング期間

治療は必要ないが,左室肥大の退縮をモニタリングするための3カ月間のデコンディショニングが,本症候群を心筋症と鑑別する方法として必要となる場合がある。そのようなデコンディショニングは,アスリートの生活を著しく妨げる可能性があり,抵抗に会うこともある。

要点

  • 激しい身体運動は左室の心筋重量,壁厚,および内腔の大きさを増大させるが,収縮機能と拡張機能は正常に維持される。

  • 安静時心拍数は低く,胸骨左縁下部の収縮期駆出性雑音とIII音(S3)および/またはIV音(S4)が聴取されることがある。

  • 心電図では徐脈および肥大の徴候がみられ,ときに洞不整脈,心房または心室期外収縮,第1度または第2度房室ブロックなどの他の所見が認められる。

  • スポーツ心臓により生じる構造変化および心電図変化は無症状であり,心血管症状(例,胸痛,呼吸困難,動悸)または第3度房室ブロックが認められる場合は,基礎心疾患の検索を速やかに開始すべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP