Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

精巣炎

執筆者:

Patrick J. Shenot

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2019年 8月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

精巣炎は精巣の感染症で,典型的にはムンプスウイルスに起因する。症状は精巣痛および腫脹である。診断は臨床的に行う。治療は対症療法による。細菌感染が同定された場合に限り,抗菌薬を投与する。

単独の精巣炎(すなわち,精巣に限局した感染症)はほぼ常にウイルスに起因し,ほとんどの症例で原因はムンプスである。まれな原因として,先天梅毒,結核,ハンセン病,エコーウイルス感染症,リンパ球性脈絡髄膜炎,コクサッキーウイルス感染症,伝染性単核球症,水痘,B群アルボウイルス感染症などがある。大半の細菌性精巣炎は,重度の細菌性精巣上体炎 精巣上体炎 精巣上体炎は精巣上体の炎症で,ときとして精巣の炎症を伴う(精巣精巣上体炎)。陰嚢の疼痛および腫脹が通常は片側性に生じる。診断は身体診察に基づく。治療は抗菌薬,鎮痛薬,および陰嚢サポーターによる。 大半の精巣上体炎(および精巣精巣上体炎)は細菌感染によって引き起こされる。炎症が精管に及べば,精管炎となる。また全ての精索構造が侵されれば,診断は精索炎となる。まれに精巣上体膿瘍,陰嚢の精巣上体外部の膿瘍,膿瘤(陰嚢水腫内での膿の蓄積),精巣梗... さらに読む 精巣上体炎 が精巣に進展した結果(精巣精巣上体炎)である。

男性のムンプス患者の20~25%が精巣炎を発症し,症例の80%は10歳未満の患者で発生する。全症例の3分の2が片側性で,3分の1が両側性である。ムンプス精巣炎患者の60%では,少なくとも片側の精巣で精巣萎縮が発生する。萎縮は妊孕性や精巣炎の重症度とは関係しない。腫瘍の発生率が上昇することはないようであるが,片側性のムンプス精巣炎を発症した男性の4分の1と両側性のムンプス精巣炎を発症した男性の3分の2で妊孕性が低下する。

症状と徴候

片側性のムンプス精巣炎は,ムンプスの耳下腺腫脹後の4~7日間に急性に発生する。本疾患は全症例の30%で1~9日以内に対側の精巣に伝播する。疼痛の重症度は様々である。精巣の疼痛および腫脹に加え,倦怠感,発熱,悪心,頭痛,筋肉痛などの全身症状が出現することがある。精巣の診察では,精巣の圧痛,腫大,および硬結と陰嚢皮膚の浮腫および紅斑が認められる。

他の感染性病原体は,その病原性に応じた速度および強度で,同様の症状を引き起こす。

診断

  • 臨床的評価および選択的検査

  • 急性陰嚢症の他の原因を除外するためのカラードプラ超音波検査

ムンプスは血清蛍光抗体検査で確認できる。他の感染性病原体は,尿培養または血清学的検査で同定できることがある。

治療

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP