Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

ペロニー病

(ペロニー病)

執筆者:

Patrick J. Shenot

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

医学的にレビューされた 2019年 8月
意見 同じトピックページ はこちら

ペロニー病は,陰茎海綿体白膜が線維化することにより,海綿体の被覆筋膜に拘縮が生じ,結果として勃起時の屈曲やときに疼痛を引き起こす病態である。

ペロニー病は成人で発生する。原因は不明であるが, デュピュイトラン拘縮 デュピュイトラン拘縮 デュピュイトラン拘縮は手掌腱膜(筋膜帯)の進行性の拘縮であり,手指の屈曲変形を引き起こす。治療は,コルチコステロイド注射,外科手術,またはクロストリジウム由来のコラゲナーゼの注射による。 ( 手の疾患の概要および評価も参照のこと。) デュピュイトラン拘縮はよくみられる手の変形の1つであり,発生率は男性の方が高く,45歳を過ぎると増加する。浸透率が一定でないこの常染色体優性遺伝疾患は,糖尿病,アルコール依存症,またはてんかんの患者に発生す... さらに読む デュピュイトラン拘縮 の原因と類似していると考えられ,過去の外傷,おそらくは性交中の外傷と関連する可能性がある (1) 総論の参考文献 ペロニー病は,陰茎海綿体白膜が線維化することにより,海綿体の被覆筋膜に拘縮が生じ,結果として勃起時の屈曲やときに疼痛を引き起こす病態である。 ペロニー病は成人で発生する。原因は不明であるが, デュピュイトラン拘縮の原因と類似していると考えられ,過去の外傷,おそらくは性交中の外傷と関連する可能性がある (1)。この拘縮のため,通常,勃起陰茎が患側へ屈曲し,ときとして勃起痛をもたらし,挿入障害を起こすことがある。線維化が陰茎海綿体まで拡大し... さらに読む 。この拘縮のため,通常,勃起陰茎が患側へ屈曲し,ときとして勃起痛をもたらし,挿入障害を起こすことがある。線維化が陰茎海綿体まで拡大し,遠位部への腫脹を障害することがある。

診断は臨床的に行う。線維化を確認するために,勃起した陰茎の超音波検査やその他の検査を実施することもある。

数カ月間をかけて自然に消退することがある。性機能障害を起こさない軽度のペロニー病は治療の必要はない。

治療

  • ビタミンEおよびKパラアミノ安息香酸の経口投与

  • パッチ移植片による線維化部分の外科的置換

  • ベラパミル,高力価コルチコステロイド,またはclostridium histolyticum由来コラゲナーゼの局所注射

  • 超音波療法,放射線療法,またはプロステーシス

治療の結果は予測できない。ビタミンEおよびKパラアミノ安息香酸の経口投与の効果はこれまでのところ様々である。線維化の外科的切除とパッチ移植片による置換は奏効することもあるが,さらなる瘢痕および障害の増強をもたらす場合もある。プラーク内へのベラパミルまたは高力価コルチコステロイドの局所連続注射は効果的なことがあるが,経口のコルチコステロイド投与は無効である。触知可能な局面を伴った30°を超える陰茎の弯曲に対しては,clostridium histolyticum由来コラゲナーゼの注射を1回または複数回行った後に用手的に陰茎の形状を整える治療を採用してもよい。

超音波治療で血流を刺激することができ,それによりさらなる瘢痕形成を予防できる可能性がある。放射線療法は疼痛を軽減する場合があるが,放射線照射は組織損傷をしばしば増悪させる。挿入の補助として陰茎プロステーシスが埋め込まれることもあるが,陰茎の屈曲を是正するためにパッチ処置を必要とする場合がある。

総論の参考文献

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP