Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

前立腺膿瘍

執筆者:

Gerald L. Andriole

, MD, Washington University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

起因菌は通常,好気性のグラム陰性桿菌か,比較的頻度は低いが黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)である。

症状

診断

  • 前立腺超音波検査および場合により膀胱鏡検査

しかしながら,膿瘍の多くは前立腺の手術中または内視鏡検査中に偶然発見され,側葉部の前立腺部尿道へのふくらみ,または器具操作中の破裂によって膿瘍が明らかにされる。膿尿および細菌尿がよくみられるが,尿は正常のこともある。血液培養が陽性となる患者もいる。

治療

  • 抗菌薬

  • ドレナージ

治療としては,適切な抗菌薬の投与に加えて,経尿道的排膿または会陰部切開による吸引および排膿を行う。培養結果を待たずに,フルオロキノロン系薬剤(例,シプロフロキサシン)で経験的抗菌薬療法を開始する。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP