Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

持続的血液濾過および血液透析

執筆者:

L. Aimee Hechanova

, MD, Texas Tech University Health Sciences Center, El Paso

最終査読/改訂年月 2019年 8月

持続的血液濾過および血液透析では,血液の濾過および透析を中断することなく行う。(その他の腎代替療法については,腎代替療法の概要 腎代替療法の概要 腎代替療法(RRT)は,腎不全患者において内分泌機能以外の腎機能を代替する治療法であり,ときに特定の中毒にも用いられる。RRTの方法としては,持続的血液濾過および血液透析,間欠的血液透析,腹膜透析などがある。いずれの方法でも,透過膜を介した透析および濾過によって溶質を交換し,血液から水分を除去する。... さらに読む を参照のこと。)主な長所は,間欠的血液透析 血液透析 血液透析では,患者の血液をポンプで血液透析器に送り込むが,透析器は中空糸でできた細管の束またはサンドイッチ状に平行に挟んだ半透膜シートで構成される2つの液体コンパートメントを有する。いずれの構造においても,第1のコンパートメントの血液は半透膜の片側に沿ってポンプで送られ,膜を隔てた他方では電解質輸液(透析液)が別個のコンパートメントで血液とは反対方向にポンプで送られる。(その他の腎代替療法[RRT]については,腎代替療法の概要を参照のこ... さらに読む およびそれによる大量の水分の間欠的な除去に起因する低血圧症状の出現を避けつつ,大量の水分を除去する能力である。したがって,これらの方法は,急性腎障害 急性腎障害(AKI) 急性腎障害は,数日間から数週間で腎機能が急速に低下する病態であり,これにより,尿量減少の有無にかかわらず,血中に窒素化合物が蓄積する(高窒素血症)。原因は重度の外傷,疾患,または手術による腎臓の灌流低下である場合が多いが,ときに急速進行性の内因性の腎疾患に起因する場合もある。症状としては,食欲不振,悪心,嘔吐などがある。無治療の場合,痙攣... さらに読む で血行動態が不安定な患者,大量の水分補給が必要な患者(例,多臓器不全またはショックにより高カロリー輸液または昇圧薬の点滴が必要な患者),およびこれら両方に該当する患者で適応となる。

持続的血液濾過では,水と分子量20,000D以下の溶質が透過膜を介した溶質移動により血液から濾過される;濾液は廃棄されるため,生理的な水・電解質バランスに調整された輸液を投与する必要がある。溶質クリアランスを改善するため,濾過装置に透析回路を追加することができる。方法としては以下のものがある:

  • 動静脈

  • 静静脈

持続的静静脈血液濾過では,血液を大型静脈(大腿,鎖骨下,または内頸静脈)から透析回路に脱血して静脈循環に再び戻すためのポンプが必要である。ダブルルーメンカテーテルを使用することにより,血液は同じ静脈から出入する。

動静脈経路はポンプを必要としない単純なシステムである利点があるが,低血圧患者では血流が不確かな可能性がある。静静脈経路の長所には,血圧および濾過率の良好な制御ならびに水分のより円滑な除去などがある。また,静静脈経路ではカニューレ挿入は1本の血管のみで必要になる。どちらの方法がより効果的であるかは証明されていない。

どちらの方法も抗凝固療法が必要であるが,全身的な治療よりも局所的な治療が最も多い。クエン酸による局所的な抗凝固療法では,体外に出た血液にクエン酸(カルシウムに結合して凝固を阻害する)を注入し,その血液を装置から体内に戻すことでカルシウムを再注入する。この方法により全身ヘパリン化の合併症を回避できる。ただし,全ての患者がクエン酸の投与を受けられるわけではない(1) 参考文献 持続的血液濾過および血液透析では,血液の濾過および透析を中断することなく行う。(その他の腎代替療法については,腎代替療法の概要を参照のこと。)主な長所は,間欠的血液透析およびそれによる大量の水分の間欠的な除去に起因する低血圧症状の出現を避けつつ,大量の水分を除去する能力である。したがって,これらの方法は,急性腎障害で血行動態が不安定な患者,大量の水分補給が必要な患者(例,多臓器不全またはショックにより高カロリー輸液または昇圧薬の点滴が必... さらに読む

参考文献

  • Acute Kidney Injury Work Group: KDIGO (Kidney Disease: Improving Global Outcomes) clinical practice guideline for acute kidney injury.Kidney Int Suppl 2(1):89-115, 2012.

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP