Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

陰茎癌

執筆者:

Viraj A. Master

, MD, PhD, Emory University School of Medicine

医学的にレビューされた 2019年 9月
意見 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

陰茎癌のほとんどは扁平上皮癌であり,通常は包皮切除を受けていない男性,特に局所の衛生状態が不良な場合に起こる。診断は生検による。治療は切除などによる。

陰茎癌はまれであり,米国では症例数が約2000,死亡数が約400であるが,南米などの地域ではこれより頻度が高い。病因には ヒトパピローマウイルス ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症 ヒトパピローマウイルス(HPV)は疣贅を形成させる。皮膚に疣贅を形成させる型もあれば,性器に隆起した疣贅や扁平な疣贅(性器の皮膚または粘膜の病変)を形成させる型もある。特定の型のHPV感染はがんの発生につながることがある。外部疣贅の診断は,臨床的な外観に基づく。複数の治療法があるが,数週間から数カ月にわたって繰り返し行わない限り,非常に効果的な治療はほとんどない。性器疣贅は尖圭コンジローマとも呼ばれ,免疫能が正常な患者では無治療で消失す... さらに読む ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症 (HPV),特に16型および18型が関与している。前がん病変としては,Queyrat紅色肥厚症, ボーエン病 ボーエン病 ボーエン病は,表在性の表皮内有棘細胞癌である。 ( 皮膚悪性腫瘍の概要も参照のこと。) ボーエン病は露光部に好発するが,あらゆる部位で発生する可能性がある。 病変は単発性の場合も多発性の場合もある。病変は赤褐色で鱗屑または痂皮を伴い,硬結はほとんどない;乾癬,皮膚炎,または皮膚糸状菌感染症による限局性の薄い局面に類似することが多い。 この写真には,ボーエン病に一致する赤褐色の鱗屑性病変が写っている。 さらに読む ボーエン病 ,ボーエン様丘疹症などがある。Queyrat紅色肥厚症(亀頭または包皮内側が罹患)およびボーエン病(陰茎体が罹患)は,患者の5~10%で浸潤性扁平上皮癌に進行するが,ボーエン様丘疹症は進行しないと考えられる。これら3種類の病変は,臨床像と生物学的影響はそれぞれ異なるが,組織学的には実質的に同一であり,上皮内腫瘍または上皮内癌と呼ぶ方が適切かもしれない。

症状と徴候

大部分の扁平上皮癌は,亀頭上,環状溝内,または包皮下で発生する。通常は小さな紅斑性病変として発生し,長期にわたり皮膚に限局する場合がある。これらの癌腫は腫瘤を形成して増殖する外方増殖性であるか,潰瘍形成を伴う浸潤性である。後者の型は転移がより一般的にみられ,通常は表在リンパ節および鼠径大腿と骨盤の深部リンパ節に転移する。遠隔転移(例,肺,肝,骨,脳)は,疾患の後期に至るまではまれである。

大部分の患者は回復しない潰瘍,皮膚の微妙な硬結,またはときに膿疱性もしくは疣状の腫瘤を呈する。潰瘍は浅いか,深く,縁がめくれている場合がある。多くの患者は癌に気づかないか,あるいは迅速に報告しない。疼痛はまれである。鼠径リンパ節が炎症および二次感染により腫大することがある。

診断

  • 生検

癌が疑われる場合は,生検が必要であり,可能ならば病変の下にある組織の検体も採取すべきである。 CT CT 腎疾患および泌尿器疾患患者の評価には,しばしば画像検査が用いられる。 放射線不透過性造影剤を使用しない腹部X線撮影は,尿管ステントの位置確認や腎結石の位置および成長のモニタリングを目的として施行されることがある。しかしながら, 尿路結石症の初期診断においては,単純X線はCTより感度が低く,詳細な解剖学的情報も得られないことから,第1選択の検査ではない。 水溶性造影剤の投与後に撮像したX線写真では,腎臓および集尿系が鮮明に描出される。現在... さらに読む CT または MRI MRI 腎疾患および泌尿器疾患患者の評価には,しばしば画像検査が用いられる。 放射線不透過性造影剤を使用しない腹部X線撮影は,尿管ステントの位置確認や腎結石の位置および成長のモニタリングを目的として施行されることがある。しかしながら, 尿路結石症の初期診断においては,単純X線はCTより感度が低く,詳細な解剖学的情報も得られないことから,第1選択の検査ではない。 水溶性造影剤の投与後に撮像したX線写真では,腎臓および集尿系が鮮明に描出される。現在... さらに読む MRI は限局癌の病期診断,海綿体浸潤の確認,およびリンパ節の評価に役立つ。

治療

  • 通常は切除

無治療の陰茎癌は進行し,典型的には2年以内に死に至る。早期に治療すれば,陰茎癌は通常治癒しうる。

小さな表在性病変には,フルオロウラシルまたはイミキモドによる外用療法とレーザー焼灼術が効果的である。包皮の病変には環状切除術を行う。再発病変またはフォローアップ受診を期待できない患者に対しては,広範囲切除が望ましい。可能な場合は,広範囲切除の代わりにMohs手術を行うことができる。

浸潤性および高悪性度の病変には,より根治的な切除が必要である。十分な切除縁を確保して腫瘍を完全に切除することが可能な場合は,陰茎断端を残すことで排尿および性機能を維持する陰茎部分切断術が適切である。大きな浸潤性病変には陰茎全切断術が必要となる。悪性度が高いか海綿体浸潤がある場合は,両側腸骨鼠径リンパ節郭清が必要になる。両側リンパ節陽性の疑いまたは大きな片側リンパ節腫脹がある場合は,リンパ節郭清の前にネオアジュバント化学療法が推奨される。放射線療法の役割は確立されていない。進行した浸潤癌に対しては,緩和治療として手術および放射線療法などがあるが,治癒の可能性は低い。進行癌に対する化学療法の効果は限られている。頭頸部扁平上皮癌に対して用いられる分子標的療法および免疫療法が陰茎癌患者に有用であると証明される可能性があるが,ルーチン診療でのそれらの使用を支持した決定的な研究はない。

予防

予防に役立つ可能性のある対策としては,若年での環状切除術や,青年期の推奨されたヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種などがある。

要点

  • 陰茎癌は通常,扁平上皮癌または他の皮膚悪性腫瘍である。

  • 治癒しない潰瘍,硬結,化膿性または疣状の陰茎の腫瘤,特に包皮切除していない男性では陰茎癌を考慮する。

  • 陰茎癌の診断は生検により,治療は切除による。

  • リンパ節の状態が生存の重要な因子である。中リスクおよび高リスク患者においてリンパ節郭清を適切に施行することが,本症の管理において不可欠の要素である。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP