Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

腎転移

執筆者:

Viraj A. Master

, MD, PhD, Emory University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2019年 9月

腎以外の癌が,腎に転移する場合がある。腎臓に転移する頻度が特に高い癌は,黒色腫と固形腫瘍であり,特に肺癌乳癌胃癌婦人科がん,腸管の癌,および膵癌である。白血病およびリンパ腫も腎臓に浸潤する場合があり,腎臓は腫大しているように見え,しばしば非対称になる。

広範囲の間質が侵されるにもかかわらず,症状の出現はまれであり,腎機能はベースラインから変化しない場合がある。タンパク尿は認められないか,軽微であり,尿素およびクレアチニンの血中濃度の上昇は合併症(例,尿酸腎症,高カルシウム血症,細菌感染症)が発生した場合を除き,まれである。

腎転移は通常,原発腫瘍の評価中または腹部画像検査にて偶然発見される。既知の原発腫瘍がない場合は,診断は腎細胞癌と同様に進める。

治療は,原発腫瘍に対する全身療法により,まれに手術による。しかしながら,コア針生検で十分な組織が採取できない場合は,全身療法の選択の指針とするために腎部分切除術が必要になる場合がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP