Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

腎盂尿管癌

執筆者:

Viraj A. Master

, MD, PhD, Emory University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2019年 9月

腎盂および尿管の癌は,通常は移行上皮癌(TCC)であり,ときに扁平上皮癌である。症状としては血尿のほか,ときに疼痛がみられる。診断はCT,細胞診,ときに生検による。治療は手術による。

腎盂のTCCは全腎腫瘍の約7~15%を占める。尿管のTCCは上部尿路腫瘍の約4%を占める。危険因子は膀胱癌と同じである(喫煙,フェナセチンの過剰使用,シクロホスファミドの長期使用,慢性刺激,特定の化学薬品への曝露)。また,家族性の流行性腎症を有するバルカン諸国の住民では,上部尿路TCCが説明困難なほど高い頻度で発生する傾向がみられる。

症状と徴候

大半の患者は血尿を呈し,膀胱も侵されている場合は,排尿困難および頻尿が生じることもある。閉塞に仙痛が伴うことがある(閉塞性尿路疾患を参照)。まれではあるが,腎盂の腫瘍により水腎症がもたらされる。

診断

  • 超音波検査または造影CT

  • 細胞診または組織診

原因不明の尿路症状を呈する患者では,典型的には超音波検査または造影CTを施行する。診断を除外できない場合は,確定診断のため細胞診または組織診を行う。上部尿路の生検が必要な場合,または尿細胞診が陽性であるが悪性細胞の発生源が明らかではない場合は,尿管鏡検査を施行する。腫瘍の進展範囲を判定し,転移を調べるため腹部と骨盤のCTおよび胸部X線が行われる。

予後

予後は尿路上皮壁の内部または壁を通した浸潤の深さに応じて異なるが,判定は困難である。治癒の可能性は,表在性の限局性腫瘍では90%を超えるものの,深部浸潤腫瘍では10~15%である。腫瘍が壁を通過または遠隔転移している場合,治癒の可能性は低い。

治療

  • 切除またはアブレーション

  • 治療後の膀胱鏡検査によるサーベイランス

通常の治療法は,膀胱カフ切除と所属リンパ節郭清を伴う根治的腎尿管摘除術である。慎重に選択された一部の患者(例,下部尿管腫瘍,腎機能低下,または単腎の患者)では,尿管部分切除術が適応となる。病期が正確に診断され,十分に描出された腎盂腫瘍と悪性度が低い尿管腫瘍には,ときにレーザー高周波療法が可能である。ときにマイトマイシンCやBCG(カルメット-ゲラン桿菌)などの薬剤が注入される。しかしながら,レーザー療法および化学療法の効力はまだ確立されていない。高悪性度かつ病期の進んだ病変に対しては,腎尿管摘除術前のネオアジュバント化学療法が推奨されるが,これは,他の治療では腎機能が低下する可能性があり,しばしばその後のアジュバント化学療法の施行が妨げられるからである。PD-1/PD-L1を標的とする免疫チェックポイント阻害薬が上部尿路上皮癌に対して現在使用されており,シスプラチンの適応がない患者における有用なアジュバント療法となる可能性がある。

腎盂尿管癌は膀胱で再発する傾向があるため,定期的な膀胱鏡検査の適応であり,そのような再発が早期に検出された場合は,高周波療法,経尿道的切除術,または膀胱内注入により治療できる可能性がある。転移例の管理は,転移性膀胱癌の場合と同じである。

要点

  • 腎盂癌および尿管癌のリスクは喫煙,フェナセチンまたはシクロホスファミドの使用,慢性刺激,特定の化学物質への曝露により上昇する。

  • 尿路症状が原因不明の場合は,超音波検査または造影CTを施行する。

  • 診断は組織診により確定する。

  • 腫瘍の切除またはアブレーションを行い(通常は根治的腎尿管摘除術),定期的な膀胱鏡検査によりモニタリングを行う。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP