Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

肝疾患が薬物代謝に及ぼす影響

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 8月

肝疾患は薬物のクリアランス,生体内変化,および薬物動態に複雑な影響を及ぼす可能性がある。薬物代謝に影響を及ぼす病原因子としては,消化管吸収,血漿タンパク結合,肝抽出比,肝血流量,門脈大循環シャント,胆汁排泄,腸肝循環,腎クリアランスなどの変化がある。ときに,こうした変化により生体内で利用可能な薬物量が増加する結果,通常量の投与でも毒性が生じることがある。しかしながら,個々の薬物の濃度や作用を予測することは困難であり,肝障害の種類,重症度,肝機能検査の結果とよく相関するわけではない。したがって,肝疾患患者における薬物用量の調整に一般原則はない。

臨床的な影響は,薬物の生物学的利用能とは無関係に変動することもあり,特に慢性肝疾患ではその傾向が強い。例えば,慢性肝疾患の患者では,オピオイドや鎮静薬に対する脳の感受性がしばしば増強している。そのため,肝硬変患者にこれらの薬物を投与すると,見かけ上は少量であっても脳症を誘発することがある。この作用機序には,おそらく脳の薬物受容体の変化が関与していると考えられる。

進行した肝疾患を有する患者では薬物有害反応の可能性が高まるわけではないとみられるが,そのような患者は,肝臓に対する薬物の有害作用にあまり耐えられない場合がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP