Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

慢性胆嚢炎

執筆者:

Ali A. Siddiqui

, MD, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 6月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

慢性胆嚢炎は,ほぼ常に胆石を原因とする長期的な胆嚢の炎症である。

症状と徴候

胆石が間欠的に胆嚢管を閉塞させ,そのために胆道仙痛が繰り返し発生する。このような胆道仙痛は,必ずしも顕著な胆嚢の炎症を伴うとは限らず,炎症の範囲は胆道仙痛の程度や頻度と相関しない。上腹部に圧痛を認めることがあるが,発熱は通常みられない。発熱は急性胆嚢炎を示唆する。一旦発症すると,再発する可能性が高い。

診断

  • 超音波検査

繰り返す胆道仙痛と胆石がみられる患者では,慢性胆嚢炎を疑う。通常は超音波検査またはその他の画像検査で胆石が認められ,ときに萎縮して線維化を来した胆嚢が描出される。繰り返す胆道仙痛の既往がある患者で胆石の超音波所見を認めた場合は,本症と診断する。胆道シンチグラフィーでは胆嚢が描出されないことがあるが,診断精度は高くない。

治療

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術

症状の再発とさらなる胆道系合併症を予防するために腹腔鏡下胆嚢摘出術 手術 胆石症は,胆嚢内に1つまたは複数の結石(胆石)が存在する病態である。先進国では,成人の約10%と65歳以上の高齢者の20%で胆石がみられる。胆石は無症状のことが多い。最も一般的な症状は胆道仙痛であり,胆石によって消化不良や高脂肪食に対する不耐症が生じることはない。より重篤の合併症としては,胆嚢炎,ときに感染(胆管炎)を伴う胆道閉塞(胆管内の結石による[総胆管結石症]),胆石性膵炎などがある。診断は通常,超音波検査による。胆石症による症状... さらに読む  手術 の適応となる。腹腔鏡下胆嚢摘出術は,胆嚢癌 胆嚢および胆管の腫瘍 胆嚢および胆管腫瘍は,肝外胆道閉塞を引き起こすことがある。症状がない場合もあるが,全身症状や胆道閉塞を反映した症状を来すことも多い。診断は超音波検査とCT胆道造影または磁気共鳴胆道膵管造影に基づく。予後は極めて不良である。機械的な胆汁ドレナージにより,そう痒,繰り返す敗血症,および胆道閉塞による疼痛をしばしば緩和できる。 (胆道機能の概要も参照のこと。) 胆管癌およびその他の胆管腫瘍はまれであるが(100... さらに読む に合併した磁器様胆嚢に対して特に適切である。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP