Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

虚血性胆管障害

執筆者:

Nicholas T. Orfanidis

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 4月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

虚血性胆管障害(ischemic cholangiopathy)は,胆管周囲の動脈叢を介した肝動脈からの血流が阻害されることにより胆道系に局所的な傷害が発生する病態である。

虚血性胆管障害の一般的な原因としては以下のものがある:

  • 同所性肝移植または腹腔鏡下胆嚢摘出術時の血管損傷

  • 移植片拒絶反応による障害

  • 化学塞栓療法

  • 放射線療法

  • 凝固亢進性の疾患により生じる血栓症

症状(例,そう痒,暗色尿,白色便)および臨床検査結果と画像検査での所見から,胆汁うっ滞が示唆されることがある。

診断

  • 磁気共鳴胆道膵管造影,ERCP,または両方

高リスク患者(特に肝移植 肝移植 肝移植は,実質臓器の移植の中で2番目に多い。(移植の概要も参照のこと。) 肝移植の適応としては以下のものがある: 肝硬変(米国では移植全体の70%;そのうち60~70%がC型肝炎によるもの) 劇症型の肝壊死(fulminant hepatic necrosis)(約8%) 肝細胞癌(約7%) さらに読む 後の患者)で胆汁うっ滞がみられる場合には,本症を疑う。胆汁うっ滞の診断では超音波検査が最初に行うべき画像検査であるが,大半の患者では,胆石症 胆石症 胆石症は,胆嚢内に1つまたは複数の結石(胆石)が存在する病態である。先進国では,成人の約10%と65歳以上の高齢者の20%で胆石がみられる。胆石は無症状のことが多い。最も一般的な症状は胆道仙痛であり,胆石によって消化不良や高脂肪食に対する不耐症が生じることはない。より重篤の合併症としては,胆嚢炎,ときに感染(胆管炎)を伴う胆道閉塞(胆管内の結石による[総胆管結石症]),胆石性膵炎などがある。診断は通常,超音波検査による。胆石症による症状... さらに読む 胆石症 や胆管癌(Professional.see page 肝臓および胆嚢の画像検査 肝臓および胆嚢の画像検査 胆道疾患の正確な診断には画像検査が不可欠であり,巣状の肝病変(例,膿瘍,腫瘍)の検出にも重要である。肝細胞障害によるびまん性疾患(例,肝炎,肝硬変)の検出および診断には限界がある。 従来からの超音波検査は,経腹的に施行され,一定時間の絶食を必要とし,構造的な情報は得られるものの,機能的な情報は得られない。一方で胆道系(特に胆嚢)を画像化する検査としては,最も安価で安全かつ最も高感度の方法である。超音波検査は,以下の目的で最善の検査法であ... さらに読む 肝臓および胆嚢の画像検査 )などの他の原因を除外するために磁気共鳴胆道膵管造影,ERCP,またはその両方が必要となる。

治療

  • 拒絶反応に対して,拒絶反応の抑制,ときに再移植

  • 胆道狭窄に対して,バルーン拡張術およびステント留置術

治療は原因に対して行う。肝移植後に行うそのような治療としては,拒絶反応の抑制や再移植などがある。胆道狭窄には,内視鏡的バルーン拡張術およびステント留置術が必要となる。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP