Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

肝動脈閉塞症

執筆者:

Nicholas T. Orfanidis

, MD,

  • Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2016年 8月

肝臓の血管障害の概要も参照のこと。)

肝動脈閉塞症の原因には,血栓症(例,凝固亢進性の疾患,重度の動脈硬化,血管炎によるもの),塞栓(例,心内膜炎,腫瘍,治療としての塞栓術,化学塞栓療法によるもの),医原性の原因(例,手術時の結紮),血管炎(血栓以外の機序を介する),動脈の構造的異常(例,肝動脈瘤),子癇,コカイン使用,鎌状赤血球症の疼痛発作などがある。

通常は結果として肝梗塞を来す。肝移植を受けた患者とすでに門脈血栓症がある患者では,肝動脈血栓症により虚血性肝炎が引き起こされる。二重の血液供給路を備えているため,肝臓は虚血性肝炎や梗塞に対していくらかの抵抗性を示す。

肝動脈閉塞症は,虚血性肝炎や梗塞がない限り,症状を引き起こさない。肝梗塞は,無症状の場合もあるが,右上腹部痛,発熱,悪心,嘔吐,黄疸などを引き起こすこともある。白血球増多とアミノトランスフェラーゼ高値がよくみられる。

診断

  • 血管画像検査

肝動脈閉塞症の診断は,ドプラ超音波法での画像検査と通常は続いて施行する血管造影により確定される。CT血管造影,MRアンギオグラフィー,および腹腔動脈造影のいずれを選択するかは,各施設での利用可能性と経験に大きく依存する。CTでは楔形の低吸収域が検出されることがある。

治療

  • 原因を治療の対象とする

治療は原因に対して行う。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP