Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

肝動脈瘤

執筆者:

Nicholas T. Orfanidis

, MD,

  • Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2016年 8月

肝臓の血管障害の概要も参照のこと。)

肝動脈での動脈瘤の発生はまれである。嚢状かつ多発性となる傾向がある。原因には感染,動脈硬化,外傷,血管炎などがある。

無治療では,動脈瘤が破裂して総胆管(胆道出血を引き起こす),腹膜(腹膜炎を引き起こす),または隣接する管腔臓器に開口し,死に至ることがある。胆道出血は黄疸,上部消化管出血,右上腹部痛を引き起こすことがある。

典型的な症状を認めた場合と画像検査で動脈瘤を検出した場合は,本症を疑う。確定診断には,ドプラ超音波検査とその後の造影CT が必要である。

治療は塞栓術または外科的結紮術である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP