Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

うっ血性肝障害

(passive hepatic congestion)

執筆者:

Nicholas T. Orfanidis

, MD,

  • Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2016年 8月

うっ血性肝障害は,右心不全(通常は心筋症,三尖弁逆流症,僧帽弁逆流症,肺性心,または収縮性心膜炎による)の結果として肝臓内でびまん性に静脈うっ滞が生じる病態である。

肝臓の血管障害の概要も参照のこと。)

中等度または重度の右心不全によって中心静脈圧が上昇し,その圧が下大静脈と肝静脈を介して肝臓にまで伝わる。慢性のうっ血により肝細胞の萎縮,類洞の拡張,小葉中心性の線維化が生じ,重度になると肝硬変(心臓性肝硬変)に進行する。肝細胞死の基礎的な原因は,おそらく類洞血栓症が中心静脈と門脈分枝に拡大する結果,虚血が生じるためと考えられる。

大半の患者は無症状である。しかしながら,中等度のうっ血では右上腹部の不快感(肝被膜の進展による)および圧痛を伴う肝腫大が生じる。重度のうっ血では,巨大な肝腫大と黄疸が生じる。中心静脈圧の上昇が伝播することで腹水が生じることもあり,まれに脾腫に至る。中心静脈圧の上昇が伝播すると,肝頸静脈逆流が生じるが,この点はバッド-キアリ症候群による肝うっ血と異なる。

診断

  • 臨床的評価

右心不全,黄疸,および圧痛を伴う肝腫大がみられる患者では,うっ血性肝障害を疑う。臨床検査ではいくらかの異常がみられ,非抱合型高ビリルビン血症(総ビリルビン3mg/dL未満),アミノトランスフェラーゼ値の上昇(通常は2~3倍未満),およびPT/INRの延長を認める。腹水がある場合はアルブミン濃度が高く(典型的には2.5g/dLを超える),一方で肝硬変による腹水でこのようなアルブミン高値を示す患者は10%に過ぎない。

臨床検査での異常は非特異的であるため,うっ血性肝障害の最終的な確認は臨床的に行う。この肝疾患は,それ自体の診断よりも,心不全の重症度の指標としての重要性が大きい。

治療

  • 基礎にある心不全を治療の対象とする

治療は基礎にある心不全に対して行う。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP