Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

D型肝炎

執筆者:

Anna E. Rutherford

, MD, MPH, Harvard Medical School

医学的にレビューされた 2019年 1月
意見 同じトピックページ はこちら

D型肝炎は,B型肝炎ウイルスの存在下でしか複製できない不完全なRNAウイルス(δ因子)によって引き起こされる。頻度は高くないが,B型急性肝炎との同時感染またはB型慢性肝炎への重複感染として発生する。

D型肝炎は通常,血液感染か汚染された血液または体液の粘膜接触によって伝播する。感染した肝細胞内にはB型肝炎表面抗原(HBs抗原)で覆われたδ粒子がみられる。

D型肝炎ウイルス(HDV)の保有率は地域間で大きく異なり,いくつかの国では風土病となっている。静注薬物使用者の感染リスクは比較的高いが,HDVはB型肝炎ウイルス(HBV)と異なり,同性愛者集団には広まっていない。

症状と徴候

診断

  • 血清学的検査

  • A型肝炎ウイルスに対するIgM抗体(IgM-HAV抗体)

  • B型肝炎表面抗原(HBs抗原)

  • B型肝炎ウイルスコアに対するIgM抗体(IgM-HBc抗体)

  • C型肝炎ウイルスに対する抗体(HCV抗体)およびC型肝炎ウイルスRNA(HCV-RNA)PCR

B型肝炎の血清学的検査 B型肝炎の血清学的検査* B型肝炎の血清学的検査* で感染が確認され,かつ臨床像が重症の場合には,HDV抗体値を測定すべきである。HDV抗体は活動性の感染を意味する。急性症状から数週間後まで検出できないことがある。

治療

  • 支持療法

D型肝炎も含めて,急性ウイルス性肝炎を軽減できる治療法はない。アルコールは肝傷害を悪化させることから,飲酒は控えるべきである。一般的に指示される床上安静を含めた食事や活動の制限には,科学的根拠がない。

胆汁うっ滞性肝炎では,コレスチラミン8gを1日1回または1日2回経口投与することでそう痒を軽減できる。

D型慢性肝炎の治療として承認されている薬剤はインターフェロンαのみであるが,ペグIFN-αも同等の効果を有する可能性が高い。1年間の治療が推奨されるが,治療コースが長いほど高い効果が得られるかどうかは確立されていない。D型肝炎は臨床試験でも治療が行われる。

予防

要点

  • D型肝炎ウイルスは必ずB型肝炎とともに発症する。

  • 特にB型肝炎が重症であるか,B型慢性肝炎が悪化している症例で,D型肝炎を疑う。

  • 感染の治療および予防はB型肝炎と同様である。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP