Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

肛門そう痒症(肛門のかゆみ)

執筆者:

Parswa Ansari

, MD,

  • Assistant Professor and Program Director in Surgery
  • Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2016年 10月
本ページのリソース

肛門直腸疾患の評価も参照のこと。)

肛門周囲の皮膚はそう痒が生じやすく,これは多くの原因から生じうる( 肛門そう痒症の原因)。この病態は肛門そう痒症としても知られている。ときに,患者がその刺激感を誤って疼痛と解釈することがあるため,肛門周囲痛の他の原因(例,膿瘍または癌)を除外すべきである。

病因

肛門のそう痒の大半は以下のいずれかである:

  • 特発性(大部分)

  • 衛生関連

洗浄が少なすぎると,刺激感をもたらす便および汗が肛門皮膚に残存する。過度の洗浄は,しばしば衛生ウェットティッシュおよび強力な石鹸の使用によりもたらされ,乾燥,刺激,またはときに接触過敏反応を引き起こすことがある。大きな外痔核によって排便後の洗浄が困難なことがあり,大きな内痔核は粘液の排出または便失禁およびそれによる刺激をもたらすことがある。

他の明確な原因が同定されることはまれであるが,様々な因子が関与している( 肛門そう痒症の原因)。

非常に若年の患者と高齢患者では,便失禁および尿失禁が局所の刺激感と二次性のカンジダ感染症の素因となる。

いかなる原因であれ,そう痒が生じると,掻破によってさらにそう痒が引き起こされる,そう痒,掻破,そう痒と続く悪循環が形成されることがある。しばしば,掻破された皮膚に感染が続発し,さらにそう痒が引き起こされる。また,そう痒および感染に対する外用療法が感作をもたらすこともあり,さらなるそう痒を引き起こす。

icon

肛門そう痒症の原因

原因

示唆する所見

診断アプローチ

肛門直腸疾患

膿性分泌物

直腸(ときに)および/または腹部(しばしば)の疼痛

ときに膿瘻

ときに下痢

肛門鏡検査,S状結腸鏡検査,または大腸内視鏡検査

痔核(内痔核または外痔核)

内痔核では出血(少量の血液がトイレットペーパーまたは便器内に認められる)

外痔核では,肛門の有痛性の腫大した腫瘤

臨床的評価

通常,肛門鏡検査またはS状結腸鏡検査

感染症

細菌感染症(掻破に続発)

炎症を起こした,掻破された部位

臨床的評価

肛門周囲の発疹

臨床的評価

ときに皮膚擦過物の検査

通常小児

ときに家系員の数名にみられる

肛門部に貼り付けた透明なテープを鏡検して蟯虫の卵がないか調べる(蟯虫の診断を参照のこと)

強いそう痒,通常は夜間に悪化する

おそらく他の身体部位のそう痒

おそらく,病変部にピンク色の,わずかに盛り上がった細い線または隆起(疥癬トンネル)

臨床的評価

皮膚擦過物の検査

皮膚疾患

かゆみを伴う赤色で浸出性の痂皮状発疹

臨床的評価

肛門周囲癌(例,ボーエン病,乳房外パジェット病)

鱗屑状または痂皮状病変

生検

典型的な乾癬局面

ときに他部位の皮膚に生じる局面

臨床的評価

肛門の小さな弁状の組織

臨床的評価

薬物

抗菌薬

現在または最近の抗菌薬使用

試験的な除去

食品および栄養補助食品

ビール,カフェイン,チョコレート,トウガラシ,乳製品,ナッツ,トマト製品,柑橘類,香辛料,またはビタミンC錠剤

物質を摂取後にだけみられる症状

試験的な除去

衛生関連の問題

患者が説明する大量発汗,特にきつい衣服や合成繊維の衣服を着ている場合

発汗を制限する方法を試験的に行う(例,ゆったりとした綿の下着の着用,頻回の下着交換)

肛門部の過度に細かすぎるまたは積極的な洗浄

洗浄不足

患者が報告する不適切な洗浄習慣

洗浄習慣の試験的な変更

皮膚を刺激する物質

局所麻酔薬,軟膏,石鹸,および衛生ウェットティッシュ

患者が報告した刺激または感作の可能性がある物質の使用

試験的な除去

評価

病歴

現病歴の聴取では,問題が急性か再発性かに注意すべきである。肛門に適用した外用剤について問診すべきであり,これにはウェットティッシュ,軟膏(そう痒治療に使用したものも含む),スプレー,石鹸なども含まれる。原因物質( 肛門そう痒症の原因)について,食事および使用薬剤をレビューし,特に酸性食品および香辛料の効いた食品について検討すべきである。シャワーおよび入浴の回数を尋ねることにより,衛生の一般的感覚を調べるべきである。

系統的症状把握(review of systems)では,原因疾患の症状がないか検討すべきであり,具体的には尿失禁または便失禁(局所刺激),肛門痛,肛門腫瘤,トイレットペーパーへの血液の付着(痔核),血性下痢と腹部痙攣(炎症性腸疾患),皮膚の局面(乾癬)などがある。

既往歴の聴取では,肛門そう痒症と関連する既知の病態,特に肛門直腸手術の既往,痔核,および糖尿病を同定すべきである。

身体診察

全身状態の観察では,総合的な衛生の感覚を調べ,なんらかの不安の徴候または強迫行動にも注意すべきである。

身体診察では肛門部に重点を置き,特に肛門周囲の皮膚変化,便による染みや汚れの徴候(不十分な衛生状態を示唆する),および痔核を検索する。外部視診では,肛門周囲の皮膚に障害がないか,鈍化または肥厚の外観を呈しているか(慢性を示唆する),およびなんらかの皮膚病変,瘻孔,表皮剥離,または局所感染の徴候の有無に注意すべきである。括約筋の緊張は,直腸指診の際に患者に括約筋を収縮させ評価する。その後,患者に排便時のようにいきんでもらい,これにより内痔核が脱出することがある。肛門直腸の痔核をさらに評価するため,肛門鏡検査が必要な場合がある。

皮膚の診察により,趾間部もしくは頭皮の疥癬トンネル,または原因である他の全身性皮膚疾患の徴候を認めることがある。

警戒すべき事項(Red Flag)

以下の所見は特に注意が必要である:

  • 膿瘻

  • 血性下痢

  • 大きな外痔核

  • 脱出性内痔核

  • 肛門周囲の便付着

  • 肛門周囲皮膚の鈍化または肥厚

所見の解釈

衛生問題,外用薬の使用,および局所疾患(例,カンジダ感染症痔核)は通常,病歴および診察により明らかである。

明確な原因が認められない急性そう痒症を呈する成人では,摂取物質を考慮すべきで,それらの物質を試験的に食事から除去することが有用となる場合がある。小児では,蟯虫を疑うべきである。

明らかな原因が認められない慢性のそう痒症を呈する成人では,過度に積極的な肛門衛生が関与していることがある。

検査

多くの患者では,特定の所見が認められない限り,経験的非特異的治療を試験的に行うことが適切である。例えば,病因不明の肉眼的病変の生検,培養,またはその両方を考慮すべきである。学齢期が好発年齢である蟯虫が疑われる場合は,肛門周囲の皮膚のしわを1片のセロファンテープで早朝に軽く叩き,テープをスライドガラスに張りつけて顕微鏡で観察することで虫卵を検出できる。

治療

全身的原因および寄生虫または真菌感染症に対しては,特異的治療を行う必要がある。

肛門そう痒症の原因として疑われる食物および外用薬を除去すべきである。

一般的な対策

衣類は常にゆったりとしたものとし,寝具は軽いものにすべきである。排便後,脱脂綿または香料などが無添加の柔らかいティッシュペーパーを水で湿らせるか,あるいは市販の痔核用の肛門周囲洗浄剤を用いて肛門部を洗浄すべきで,石鹸およびウェットティッシュは避けるべきである。非薬用タルカムパウダーまたはコーンスターチを多量および頻繁にかけることは,湿気を低減するに役立つ。1%酢酸ヒドロコルチゾン軟膏1日4回の短期間(1週間以内)の使用により症状が軽減することがある。ときに,より強力な外用コルチコステロイドが必要になることがある。

要点

  • よくみられる原因は,小児では蟯虫および成人では衛生関連の問題である。

  • 食物および洗剤または石鹸が肛門のそう痒を引き起こすことがある。

  • 適切で非刺激性の衛生(すなわち,少なすぎず,しかし激しすぎず,強力な石鹸および化学物質は避ける)の実践および局所の湿気を減少させることが症状緩和に役立つことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP