Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

孤立性直腸潰瘍症候群

執筆者:

Parswa Ansari

, MD,

最終査読/改訂年月 2016年 10月
本ページのリソース

孤立性直腸潰瘍症候群は,排便時のいきみ,残便感,ならびにときに血液および粘液の直腸からの排出を伴うまれな疾患である。本疾患は,おそらく遠位直腸粘膜の限局的な虚血性損傷によって引き起こされる。診断は臨床的に行い,S状結腸内視鏡検査および生検にて確定する。治療は,軽症例には緩下薬の投与を行うが,直腸脱が原因の場合は,ときに手術が必要となる。

肛門直腸疾患の評価も参照のこと。)

孤立性直腸潰瘍症候群は,外傷に起因する遠位直腸粘膜の粘膜虚血によって引き起こされる。

原因として以下のものがある:

  • 恥骨直腸筋の奇異性収縮

  • 慢性便秘

  • 硬便の摘便の試み

症状と徴候

罹患患者では,排便時のいきみ,残便感または骨盤部膨満感,およびときに血液および粘液の直腸からの排出がみられる。

この症候群は,関連病変が多発性に生じる場合もあり,また潰瘍がみられない場合もあるため,名称として適切ではなく,みられる病変は粘膜の発赤から,潰瘍,小さな腫瘤病変まで様々である。病変は典型的には肛門縁から10cm以内の直腸前壁に位置する。

パール&ピットフォール

  • 孤立性直腸潰瘍症候群は,関連病変が多発性に生じる場合もあり,また潰瘍がみられない場合もあるため,名称として適切ではなく,みられる病変は粘膜の発赤から,潰瘍,小さな腫瘤病変まで様々である。

診断

  • 臨床的評価

  • S状結腸内視鏡検査と生検

孤立性直腸潰瘍症候群の診断は,典型的には病歴のみで下されるが,ときに確定のためにS状結腸内視鏡検査と生検が行われる。直腸重積または全層直腸脱に対する評価を行うべきである(直腸脱の診断を参照のこと)。

生検検体の病理組織学的検査では,陰窩構造の歪曲および粘膜固有層の平滑筋およびコラーゲンへの置換を伴う肥厚した粘膜層が示され,粘膜筋板の過形成および組織崩壊がもたらされる。

治療

  • 膨張性下剤

  • ときに直腸脱に対する手術

軽症例の治療は,患者を安心させるとともに,慢性便秘を緩和するための膨張性下剤の投与レジメンを確立することである。直腸脱が原因の場合は,手術を要することがある(直腸脱の治療を参照のこと)。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP