Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

腸内細菌異常増殖症候群

執筆者:

Atenodoro R. Ruiz, Jr.

, MD, The Medical City, Pasig City, Metro-Manila, Philippines

最終査読/改訂年月 2016年 5月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

小腸細菌異常増殖は,腸の器質的変化,消化管運動の変化,または胃酸分泌の不足によって起こる可能性がある。この病態は,ビタミン欠乏症,脂肪吸収不良,および低栄養につながることがある。診断は呼気試験または腸吸引液の定量培養による。治療は経口抗菌薬による。

腸内細菌異常増殖症候群は吸収不良を引き起こす疾患である。

正常な状態においては,上部小腸内の細菌は105/mL未満で,主にグラム陽性好気性菌である。細菌数がこのような低値で維持されるには,正常な蠕動,正常な胃酸分泌,粘液,分泌型IgA,完全な回盲弁が寄与している。

病因

胃または小腸の器質的変化は,腸管内容のうっ滞を助長し,腸内細菌異常増殖を引き起こす。器質的変化を引き起こす病態や発生に器質的変化が必須となる病態としては,小腸憩室症,外科的盲係蹄,胃切除後状態(特にBillroth II法の輸入脚),狭窄,部分閉塞などがある。また糖尿病性神経障害,全身性強皮症,アミロイドーシス,甲状腺機能低下症,および特発性偽性腸閉塞に関連した腸管運動障害でも,細菌の排除が障害されることがある。高齢者では,無酸症および腸管運動の特発性変化が腸内細菌異常増殖をもたらす場合がある。

病態生理

過剰に増殖した細菌は,炭水化物およびビタミンB12をはじめとする栄養素を消費することで,カロリー欠乏とビタミンB12欠乏を引き起こす。しかしながら,細菌は葉酸を産生するため,葉酸欠乏症はまれである。細菌は胆汁酸塩を脱抱合するため,ミセル形成不全,およびそれに続く脂肪吸収不良が起こる。重度の腸内細菌異常増殖は腸管粘膜も損傷する。脂肪吸収不良および粘膜損傷は下痢の原因となる可能性がある。

症状と徴候

多くの患者は無症状で,体重減少または栄養素欠乏を示すに過ぎない。最もよくみられる症状は腹部不快感,下痢,腹部膨満,および過度の鼓腸である。一部の患者では顕著な下痢または脂肪便がみられる。

診断

  • 14Cキシロース呼気試験または腸吸引液の定量培養

  • ときに上部消化管造影と小腸造影

診断検査として,経験的抗菌薬療法に対する反応を推奨する臨床医もいる。しかしながら,腸内細菌異常増殖は他の吸収不良疾患(例,クローン病)に似た症状を示すことがあり,また,抗菌薬の有害作用で症状が悪化することがあるため,決定的な病因を明らかにすることが望ましい。

腸内細菌異常増殖症候群の診断における標準は,腸吸引液の定量培養で細菌数が105/mLを上回る場合である。しかしながら,この方法は内視鏡検査を必要とする。ブドウ糖,ラクツロース,キシロースなどの基質を用いた呼気試験は,非侵襲的かつ簡単に行える。14Cキシロース呼気試験( 吸収不良の原因の診断)は,他の呼気試験より性能が良好のようである。

器質的変化が過去の手術によるものでない場合,素因となる器質的病変を同定するため,上部消化管造影と小腸造影を施行すべきである。

治療

  • 経口抗菌薬(様々)

  • 食習慣の改善

腸内細菌異常増殖症候群の治療は,好気性および嫌気性腸内細菌の両方をカバーする経口抗菌薬の10~14日間投与による。経験的治療として次のレジメンのいずれかを選択する:テトラサイクリン250mg,1日4回;アモキシシリン/クラブラン酸250~500mg,1日3回;セファレキシン250mg,1日4回;トリメトプリム/スルファメトキサゾール160/800mg,1日2回;メトロニダゾール250~500mg,1日3回または1日4回;リファキシミン400~550mg,1日2回。抗菌薬治療は,症状が再発する傾向がある場合は周期的に行うことができ,培養および感受性試験の結果に基づいて変更する。しかしながら,複数の細菌が併存するため,抗菌薬治療の変更は困難なことがある。

細菌は,腸管内腔では脂肪ではなく炭水化物を主に代謝するため,脂肪が多く炭水化物と繊維の少ない食事が有益である。

基礎疾患および栄養欠乏(例,ビタミンB12)を是正すべきである。

要点

  • 胃および小腸の器質的変化は消化管内容のうっ滞につながり,それにより細菌の異常増殖が生じる。

  • 細菌が胆汁酸塩を脱抱合する結果,脂肪吸収不良が生じる。

  • 診断は14Cキシロース呼気試験およびその他の呼気試験または腸吸引液の定量培養による。

  • 抗菌薬を経口で使用し,続いて高脂肪・低炭水化物食を摂取させる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP