Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

正常検査値について

執筆者:

Frank H. Wians, Jr.

, PhD, Texas Tech University Health Sciences Center El Paso

最終査読/改訂年月 2013年 4月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

血液,尿,髄液,便,その他の体液(例,胃酸)を検体とする場合の基準値(範囲)と,よく用いられる検査パネルを示した。(注:以下の表で示す基準値はガイドラインとしてのみ使用すること。)基準値,検体が採取された健常者集団の人口統計学的特性や,検体の分析に使用された具体的な方法や器具など,いくつかの因子に基づいて変動する。College of American Pathologists(CAP)の認定を受けた検査施設には,少なくとも年1回の頻度で独自の基準値を設定および/または検証することが要求される。したがって,いかなる検査結果も,その検査が行われた検査施設の基準値に基づいて解釈すべきである;一般的に検査施設からは,検査結果とともに基準値も報告される。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP