見つかりません
関連するトピック

医学トピック、症状、薬、処置や検査、ニュースなど、MSDマニュアル家庭版に書かれている情報をここから検索できます。

Dr. Bakris

高血圧:「サイレントキラー」についてのご質問に対する回答

2017/03/07 George L. Bakris, MD, Professor of Medicine, University of Chicago School of Medicine

7,500万人を超える米国人が、高血圧疾患にかかり血圧が高くなっています。これは、テキサス、フロリダ、ニューヨーク、ニュージャージーの人口の合計を上回ります。別の見方をすると、米国の成人3人に1人が高血圧です。高血圧は、心臓発作から腎疾患まで、あらゆる病態のリスクを著しく上昇させます。

ここまでが悪い知らせです。良い知らせは、正しい習慣や担当医からの情報提供により、血圧をコントロールしてこのような脅威のリスクを著しく引き下げることができる点です。2月は心臓健康月間(Heart Health Month)ですので、高血圧が「サイレントキラー」として知られているのはなぜか、一部の人が来院時に血圧が上昇してしまうのはなぜか、など、最もよく聞かれる質問にお答えしたいと思います。

1.健康な血圧値はどれくらいですか?

健康な血圧値は、40歳の人で120/80 mm Hg(水銀柱ミリメートル)です。2つの数値は、どんな意味を表していますか? 収縮期血圧(高い方の数字)は、心臓が収縮している時の動脈内の圧力の測定値です。拡張期血圧(低い方の数字)は、心臓が収縮する直前の動脈内の圧力の測定値です。

高血圧は、安静時の収縮期血圧が140 mmHg以上か、安静時の拡張期血圧が90 mmHg以上、またはその両方を満たす場合と定義されています。

私たちの血圧は、常に変動しています。1日を通じて上下し、生涯を通じて変動します。1回測定した血圧値が高かったからといって、高血圧であるとは限りません。いくつかの異なる状況で、複数回計測した血圧値を平均することが最善です。

2.自分がリスクにさらされているかどうか、どうすれば知ることができますか?

高血圧は、顕著な症状が現れることなく何年もの間持続するために、「サイレントキラー」と呼ばれています。また、高血圧は、米国だけで1日に1,100名の死亡原因となっています。多くの人で症状が認められませんが、頭を強く打たれるような頭痛がしたり、全身の調子が悪く感じたりする人もいます。

高血圧は、年齢が高くなると頻繁に見られる症状で、65歳を超える米国人の3人に2人が高血圧です。更に、たとえ55歳の時に血圧が正常な人であっても、その人が80歳まで生き延びた場合に高血圧になる可能性は、90%になります。

年齢に加え、高血圧の強い家族歴のある人は、30代~40代で血圧が上昇するリスクが上昇します。母親、父親、叔母/伯母、または叔父/伯父が高血圧の治療を受けている人は、高いリスクがある可能性があります。ほかの悪化要因には、肥満、座っている時間が長い生活、アルコール飲料の飲み過ぎ、ストレス、塩分の多い食事があります。

3.血圧はどのように検査しますか?

血圧がコントロールされているかどうかを判断するには、正確な測定が第1歩になります。診療室で血圧を調べる前に、足を組まずに背中が十分に支えられた姿勢で座り、5分間安静にします。その後、袖をまくり、腕をテーブルの上か肘掛けに載せます。医師または看護師が、患者の腕に血圧測定器用の腕帯を1周巻き付け、1周の3分の2に相当する長さを更に巻き付けます。理想的には、室内は静かにして、音楽を聴くか、テレビを見て、話をしないようにします。

自宅でも、信頼できる検査機器を使い、上記の適切な姿勢をとることで、血圧値を正確に測定することができます(担当医にお勧めの機器をお尋ねください)。平均的な人の血圧値は、早朝に目を覚ました時点が最も高いことから、この時間が血圧測定に最善の時間となります。食料品店で販売されている血圧検査機器は無視してください。ほかの機器ほど信頼できません。

診療室に入るだけで血圧が急上昇する人もいます。「白衣性高血圧」と呼ばれるこの障害は、診療室にいない時には血圧が高くない患者に対して、過剰な治療を行ってしまうと、危険になります。

4.血圧をコントロールするにはどうしたら良いですか?

高血圧を管理することは、「言うは易く行うは難し」です。理想的な血圧について医師の間でも論争がありますので、あなたの場合に限定して、担当医に相談してください。

多くの医師は、生活習慣の変更を勧めるところから、治療を開始します。生活習慣の変更とは、運動を増やし、果物と野菜を多く取り、塩分とアルコールを減らすことを意味します。塩分の減量は、多くの人が引っかかるところです。チーズ、多くのスープ類、デリミート、テイクアウトの食事は、塩分が非常に高いことが多いからです。また、睡眠の質も非常に重要です。1晩6時間以上は中断されることのない睡眠を確保し、必要に応じて睡眠時無呼吸のスクリーニングを受けてください。生活習慣を変更しても高血圧に影響がない場合、薬が処方されます。

家族に高血圧の人がいる人、または40歳以上の人は、症状が現れるまで待たずに、1年に1回以上は血圧を測定してください。すでに高血圧と診断されている人は、薬を正しく服用し、生活習慣に必要な変更を加えて血圧をコントロールすることが極めて重要です。覚えておきましょう:薬は血圧をコントロールして管理しますが、治癒するものではありません。