見つかりません
関連するトピック

医学トピック、症状、薬、処置や検査、ニュースなど、MSDマニュアル家庭版に書かれている情報をここから検索できます。

高血圧網膜症

執筆者: Sunir J. Garg, MD, FACS, Associate Professor of Ophthalmology;Physician, Thomas Jefferson University;The Retina Service of Wills Eye Hospital

高血圧網膜症とは、高血圧が原因で網膜に損傷が生じる病気です。

血圧が高くなると(高血圧(高血圧を参照)、網膜が損傷することがあります。高血圧が網膜の毛細血管に損傷を与えると、血管の壁が厚くなり、血管内を流れる血液の量が減少します。その結果として、網膜へ供給される血液の量が減少します。血液の供給が不足した部分に、小さな島状の網膜損傷が生じることがあります。高血圧網膜症が進行すると網膜の中に血液がにじみ出ることがあります。これらの変化が、特に網膜の中心部にある黄斑に起こると、視力の低下が進みます。軽度の高血圧であっても、長い間治療しないでいると網膜の血管が損傷することがあります。

検眼鏡で高血圧がある人の網膜を観察すると、特徴的な所見を見ることができます。網膜血管の損傷の程度は、脳、心臓、腎臓など高血圧の影響を受けた他の臓器の血管損傷の程度と相関する傾向があります。血圧が非常に高い場合は、視神経の前面が腫れているなど、眼の中に別の変化がみられることもあります。

知っていますか?

  • 検眼鏡で眼の中を見て、眼の動脈と静脈を観察します。これらの血管の外観から、高血圧とアテローム動脈硬化が体内の他の血管に及ぼしている影響を知ることができます。

治療の目標は血圧を下げることです。血圧が非常に高く生命に関わる場合は、即座に治療する必要があり、これにより視力を守り、脳卒中、心不全、腎不全、心臓発作といった他の合併症を防ぎます。

本ページのリソース一覧