見つかりません
関連するトピック

医学トピック、症状、薬、処置や検査、ニュースなど、MSDマニュアル家庭版に書かれている情報をここから検索できます。

網膜剥離

執筆者: Sunir J. Garg, MD, FACS, Associate Professor of Ophthalmology;Physician, Thomas Jefferson University;The Retina Service of Wills Eye Hospital

網膜剥離は、網膜が付着していた下の層からはがれてしまう病気です。

  • 飛蚊症が突然増え、閃光が突然見え始め、カーテンやベールが視界を横切り、突然視力が低下します。

  • 検眼鏡で眼を観察することで診断されます。

  • 剥離が起こって直ぐに修復すれば、ほとんどの網膜剥離は治癒し、視力は改善します。

網膜剥離は通常、網膜裂孔が原因であり、小さな領域がはがれ始めます。この小さな部分を直ぐに元に戻さずにおくと、網膜全体がはがれてしまうおそれがあります。網膜剥離の原因となる網膜裂孔は、以下のような人に発生しやすい傾向があります。

  • 高度の近視

  • 白内障手術

  • 眼の外傷

網膜がはがれると、はがれた部分は血液を供給する部分から分離します。はがれた網膜を元に戻さない限り血液の供給がなくなり、永久的なダメージを受ける可能性があります。網膜剥離で損傷を受けた血管からにじみ出た液体や血液が網膜とその下の組織の間にたまると、視力がさらに悪くなります。

症状と診断

網膜剥離が起きても痛みはありません。通常、眼の前に見える小さな動く点(飛蚊症)が増えたり、1秒未満の閃光が何回も見えます。典型的には、最初に周辺部の視野が失われ、網膜剥離が進行するにつれて視野の欠損範囲が広がっていきます。この視力障害はカーテンやベールが降りて視界をさえぎるのに似ています。黄斑部がはがれると視力障害が急激に進み、すべてがぼやけて見えるようになります。

通常、点眼して瞳孔を散大した後に、検眼鏡で網膜を観察すると剥離を観察することができます。剥離が見えない場合は、超音波検査で明らかになることがあります。

予後(経過の見通し)

以下の場合を除き、視力は通常改善します。

  • 数日間または数週間、網膜が剥離していた。

  • 出血または瘢痕化が起こった。

  • 黄斑部がはがれているか、損傷を受けている。

治療

たいていの網膜剥離は修復可能です。レーザー治療や冷凍凝固(冷凍固定法)を行い、裂孔をふさぎます。次に、眼球周囲にバンドを巻く強膜バックルによって、または水晶体の後ろ、網膜の前にあるゼリー状の硝子体を取り除く硝子体切除という手術によって、網膜と眼球壁との間を引き寄せます。網膜を元の位置に固定するために、しばしばガスが使われます。