見つかりません
関連するトピック

医学トピック、症状、薬剤、処置や検査、ニュースなど、MSDマニュアルプロフェッショナル版に記載されている情報をここから検索できます。

MSDマニュアルについて

 

MSDマニュアルについて

医師や薬剤師向けのポケットマニュアル として1899年に初めて出版されて以来、本マニュアルはそのサイズと収載内容の幅を広げ、今や医療専門家から一般の人々に至るまで最も広く活用されている包括的な医学書となりました。医療専門家と医学生、獣医師と獣医学生、そして一般の人々など、幅広い読者層を対象として最新かつ最良の医学情報を届けるというミッションを反映するべく、本マニュアルはその進化とともに、広さと深さの両方の点で収載範囲の拡大を続けています。

MSDマニュアルのミッション

健康に関する情報を得ることは全人類の普遍的な権利であり、すべての人が正確かつ役立つ医学情報にアクセスする権利をもっていると私たちは信じています。最新かつ最良の医学知識をゆがめずに維持・保存し、それらを世界中の人々と分かち合うことで、より詳細な情報を得た上での意思決定を可能にし、患者さんと医師の信頼関係の構築を促進し、世界中で医療のアウトカムを改善する、これらを実現することが私たちの責任であると考えています。

ミッション達成に向けて

医学情報を世界中の人々に届けて世界規模で人々の健康を改善することへの強いコミットメントの証しとして、本マニュアルをプロフェッショナル版および家庭版としてデジタル化し、無料でご利用いただける形でリリースしています。

また、発展途上国への支援活動にも数十年にわたり継続して力を入れてきました。発展途上国の医師や看護師、コミュニティヘルスワーカーに配布してもらうことを目的とし、Books for Africaなどの団体とのパートナーシップを通じて、本マニュアルのプロフェッショナル版および家庭版を計20万部以上NGOに寄付しています。

2015年には、医学情報の提供にあたりこれまでで最大規模のイニシアチブであるGlobal Medical Knowledge2020を世界規模で立ち上げました。このプロジェクトでは、本マニュアルを介して、世界中の医療専門家や患者さんを対象に最大で約30億もの人々に最新の医学情報をお届けすることを目標としています。また、本マニュアルの全ての翻訳版をオンラインで閲覧可能とし、常に最新の情報を反映できるように更新を継続していく予定です。

編集における独立性

本マニュアルは世界中の数百人に上る医療専門家、査読者で構成される独立した編集委員会、そして医師とメディカルライターで構成される当社編集スタッフの共同作業によって制作されています。100年以上もの間、編集における完全な独立性を維持しながら、診断や治療に対する最新かつ最善の考え方を提供し続けてきました。また、当社製品に関するプロモーションや宣伝はいかなる形でも行っていません。商業的、企業的なバイアスを確実に排除するため、執筆者および査読者はMerck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USAの従業員以外とし、当社の製品について講演する職務に就くこともできません。さらに、その他いかなる形であれ当社を代表する役割を担うことも禁止しています。編集スタッフはMerck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USAの従業員ではありますが、本マニュアルの内容に関しては、当社の研究開発部門、営業・マーケティング部門、広報部門、法務部門、そして経営陣を含むいかなる部門・部署からも管理やレビュー、内容に関する意見を受けてはならないとしています。

信頼性

今日に至るまで、ウェブサイトが信頼できる情報源となるための要件を定めた基準が数多く提唱され、出版物やインターネット上で多くの議論がなされてきました1,2,3,4。そこで本マニュアルでは、これまで議論されコンセンサスが得られている基準をベースとして、インターネット上で医療や健康に関する情報を検索しようとするユーザーの皆様が、そのウェブサイトが何を基準に作成されているのかを簡単にチェックできる項目STANDSを考案しました。

出典(Source):出典として広く認知されたしかるべき情報源が明記され、その証明となる情報が記載されているか?

透明性(Transparency):そのサイトの目的が教育目的であるか商業目的であるかが明示されているか?

利便性(Accessibility):そのサイトは登録なしで利用でき、かつ質問や意見などを送信するための窓口が設けられているか?

中立性(Neutrality):そのサイトに掲載されている情報は純粋に情報資源として利用できるか?あるいは、ユーザーの行為(商品を購入する、宣伝されている別のサイトにアクセスするなど)がサイトにとって金銭的な見返りとなる仕組みになっていないか?

情報管理(Documentation):そのサイトは必要なタイミングでしかるべき医療専門家によって更新されているか?

セキュリティ(Security):個人情報を入力することなくコンテンツにアクセスできるか?

MSDマニュアルでは、これらSTANDSの基準を満たせるように最善を尽くしています。300名を超える執筆者は、全員が各分野で広く認知されている専門家であり、それぞれの氏名と資格が各トピックのページ先頭と執筆協力者の紹介ページに掲載されています。また執筆者全員が担当トピックに常に最新の知見が反映されるよう努めています。登録料や広告が存在しないこと、いかなる製品の販売やプロモーションも行っていないこと、さらには本マニュアルの編集プロセスに社外の執筆者およびレビュアーが携わっているという事実から、MSDマニュアルのミッションステートメントが真実であり、またそのミッションが純粋に教育を目的としていることは明確です。本マニュアルのご利用に際しては、ユーザー登録は不要で、個人情報は収集されません。MSDマニュアルからユーザーの皆様にコンタクトをとることはありませんが、ユーザーの皆様は各ページのフッターにある「連絡先」からいつでもMSDマニュアルに連絡をしていただくことが可能です。


参考文献
1 National Network of Libraries of Medicinel
2 National Library of Medicine, Medline Plus
3 HealthIT.gov
4 Medical Library Association



Books for Africa


発展途上国の医師や看護師、コミュニティヘルスワーカーに配布してもらうことを目的とし、Books for Africaなどの団体とのパートナーシップを通じて、本マニュアルのプロフェッショナル版および家庭版をこれまでに計20万部以上寄付しています。


20年にわたる研究によ�、医学知識に関する危機的状況がますます深刻化していることが確認されています。

すなわち、人々が医学的な意思決定を行う能力への負の影響、患者さんと医療従事者の関係構築に対する妨げ、医療のアウトカムの改善を阻む障壁などが、米国を含めた世界中で発生しているのです。